Tags:

『鉛の時代』ローマ’70を変えたニコリーニ

Cultura Deep Roma Intervista Storia Teatro

その後のローマのアンダーグラウンド文化の有り様を、決定づけることとなったEstate Romanaの発案者、そしてディレクターであったレナート・ニコリーニ氏と、晩年仕事をしていたG・ラバンダ氏に、その人柄の魅力、当時のローマを語っていただいた。ラバンダ氏のインタビューの前にWikipedia、その他イタリアのメディアを参考に、ニコリーニ氏についての概要をざっとまとめてみることにする。

レナート・ニコリーニ(1942ー2012)は、建築家、政治家、劇作家、レッジョ・カラブリア大学教授。特にEstate Romanaの発案者として、国内はもとより国際的な評価を受ける人物。ローマの一般家屋を手がける自治ファシスト・インスティチュートにおいて、マリオ・デ・レンツィとともにローマ新興地の建設のプロジェクトを手がけた建築家、ロベルト・ニコリーニの息子でもある。レナートは建築科を修了後、建築プロジェクト、あるいは建築評論家として活動した。長くローマ市の文化評議委員をつとめ、その名を不動のものとする。2012年、70歳で亡くなった際には、多くのローマの人々が、その喪失を悲しんだ(Wikipedia イタリア参考)。

また、イタリアの通信社、ANSA通信はレナート・ニコリーニの訃報に、次のような記事を配信した。抄訳する。

ローマ市の文化評議委員であった際に発案したEstate Romanaで、レナート・ニコリーニは、いわゆるインテリゲンチャ文化と大衆文化をミックスするという方法で、再びローマの広場を人々にあふれさせることに成功した人物だ。長い『鉛の時代』、灰色の空気に締め付けられていた不幸な時代にー人々は、緊縮に反対するデモ集会の時にだけ、街に出かけるという閉ざされた時代であったがーニコリーニは異端者として現れた。彼の文化発信の方法は、当時議論を巻き起こし、知識人たちの反感も買ったが(いい意味でも、悪い意味でも)、ニコリーニはそれらをやすやすと乗り越えることになる。

彼はイタリアの68年までの発展の影にあらわれたインテリ、知識人である。しかしアイデアをそのまま行動に移す、考えるだけではない、行動的な知識人でもあった。彼はちいさい規模ではあるが、街に革命を起こし、深淵であると同時に、人々に「軽妙さ」をも、もたらした。そしてその「軽妙さ」はそののちの時代の先駆けとなった。

彼がローマ文化評議委員であった10年間、街は映画に満ちあふれ、遺跡の一角のマッセンツィオ教会(4000人が集まった)や広場は群衆に沸き返り、オースティアの海岸、ヴィッラ・ボルゲーゼの庭が戸外演劇の舞台となった。さらに街角は、大道のダンスや音楽、演劇でにぎわった。また、歴史の重みを持つ重要な建造物の壁で映画を上映することは、その建造物のイメージを一新することとなった。

カステルポルツィアーノ、マッセンツィオのバジリカ、プラーティ地域(ヴァチカンを有する地区)の道路で、Peter Brook, Meme’ Perliniとともに企画したイベント、1981年に上映したAbel Ganceの「ナポレオン」の上映が、まずイベントの第一段階だった。ニコリーニの名を不動のものとした最も重要なイベントは、世界の有名な詩人、Allen Gingberg, William Bourroghs, Gregory Corso, Serghej Evtuschenko、そしてローマの詩人たちが集まったカステルポルツィアーノで開かれたイベントである。ローマ、オースティアの海岸は三万人の人々で埋め尽くされた。

その他、La repubblica紙Corriere della sera紙Il sole 24ore紙などイタリア各主要紙は彼の死を巡る追悼特集を組み、彼の功績を讃え、その早すぎる死を惜しんだ。

さて、インタビューに答えていただいたラバンダ氏は、レナート・ニコリーニよりも8歳ほど年下、建築科を卒業したのち、アジアを含む各都市の都市計画に関わるエコノミストである。青年時代、ニコリーニ氏が企画したEstate Romanaに、おおいに共感、アジアにそのアイデアを生かすことができないものか、と模索し、晩年は氏とともに中国、その他のアジアの国を訪れた経緯を持つ。一党独裁の国の大学で、ニコリーニ氏は「民主主義の重要さ」を学生に講義したというエピソードを、楽しそうに語った。

 

PB090652-1000x620

ニコリーニの晩年、コラボレーションをしていたDr.Lavanda

 

●先日、テアトロ・ヴァッレの占拠者たちによる、今後の公開会議に参加したのだが、『ニコリーニ氏の意志を継ぐ』と、盛んにその名前が出ていた。ニコリーニ氏は、当時のEstate Romanaを知らない若者たちにまで、なぜこれほど重要に思われているのか。

彼はローマの街に、今までにないまったく新しい生命を吹き込んだ人物だからだろうね。彼はローマという永遠の都市にいながら新しい生き方ができる、ということを人々にはっきりと、明確な計画と行動のもとに見せることができた人物だよ。自分で考えつくアイデアはもちろん、人々が隠し持っていた、「面白い」と思われるアイデアを見つけだす能力にも優れていた。しかもそのアイデアをアイデアで終わらせず、実際に、ローマじゅうの人々を大きく動かしたんだ。彼は人々に出会いの場、成長の場を提供するキャパシティを持つ人物だったよ。彼が生み出した、そのTeatro Sociale が当時を生きたわれわれのGioia(幸福)の基盤となった、と言ってもいいかもしれない。

●Teatro Sociale(社会的な劇場)とは?

簡単に言えば、人と人とのリレーションシップの場、ということだ。人々が他の未知の人々と出会い、なんらかの問題を提起しあい、解決に向けて新たな関係をつくり、何か新しいものを生み出す。その舞台になる「場」のこと。老いも若きも男も女も誰もかも、その劇場ではみな、それぞれがProtagonista(主人公)でもあるんだ。

Estate Romanaに関しては、われわれの年代はみんな、幸せな時代として想い出を共有しているんだよ。もちろん、その後の年代には、伝説となって語り継がれもしているけれどね。今思い返せば、どれも素晴らしいアイデアだった。ローマの街じゅうに信じられないくらいのたくさんの人々が群れ集まって、複雑で、巨大なTeatro Socialeを構成し、われわれもそのなかで自分を見失いそうだったよ。そのスペースにはいろんなものが分別されることなく、いっしょくたに放り込まれた。そのカオスから次から次に新しい動きが生まれて、みなが我を忘れて楽しんだんだ。

パスタやワインをバスケットに入れて呑気にやってくる典型的なローマの家族、子供たち、Fricchettoni(ヒッピー風の子たち)、批評家、学者、学生、労働者、みんなが同じ場所で、映画や演劇や音楽を楽しんだ。Estate Romanaは、全ローマ市民に贈られたニコリーニのプレゼントだったんだ。しかも彼は、ほとんど文化予算を使うことなくそれをやり遂げた。われわれの参加費はたったの1000リラだったが、参加する市民の数が膨大だったからね。

たとえばオースティアの海岸線、カステルポルツィアーノで開かれた詩人フェスティバルは、圧巻だった。今もアバンギャルド演劇界を仕切る舞台監督のシモーネ・カレッラが、ニコリーニとともに発案し、オーガナイズした三日三晩ぶっ通し、型破りな『詩』のフェスティバルだった。この三日間というもの、若者たちは、今までの人生とはまったくディメンションの違う人生を過ごすことになった。無数の若者たちが集まった海岸線で、知らない若者たちと出会い、一緒に食べて、寝て、話し合い、そしてハッシシュ。とてつもない熱気が砂浜を覆っていたよ。

一方、ステージではいつも何かすごいことが起こっている。ビートジェネレーションの詩人たち、ギンズバーグ、バロウズ、当時世界で名が知れ渡っていた詩人たちが、詩を朗読したり、演説をしたり、そこにローマの無名の詩人たちが突然なだれこんで、マイクを奪って、自分の詩を朗読したりもした。混乱して収拾がつかない、可能性に満ち満ちた空気。詩人たちとわれわれの熱気が砂浜を占拠、ローマの海岸線に異次元が構築され、4000人の若者たちがそのエネルギーを共有して興奮状態の3日間を過ごしたんだ。

 

133314535-5966aafa-d6c7-40c9-9208-a437877e28f5

朗読するSerghej Evtuschenko

 

その最後の夜にハプニングが起こってね。ギンズバーグと三万人の若者たちが「OM」、オームを吟じているときに、海の上に建てられた舞台が大音響とともに壊れて、詩人たちはみな、あっという間に海のなかに放り込まれてしまった。われわれ観衆はみな大喜びだよ。そのあと詩人たちはみな、砂まみれになってわれわれのいる砂浜にたどりついたけれどね。考えてみれば、それはわれわれが生きている人生の一瞬の破壊、断層の存在をシンボライズする出来事でもあったね。

この詩のフェスティバルのことを、知識人たちは(左翼知識人も含めて)「イタリアのちっぽけなウッドストック」と批判したが、このイベントがニコリーニの名を知れ渡らせたことは間違いない。彼は挑発者であり、彼の批判者たちを壊滅させるほどのポジティブなエネルギーを持った男だった。彼の登場で、ローマの空気、美のコンセプトの潮流が完全に変わったんだ。

 

EstateRomanaCastelPorzianoFestivaldeiPoeti1979

Allen GinsbergとPeter Orlovsky

 

われわれが過ごした『鉛の時代』、爆弾、銃撃戦、誘拐、強盗、暗殺、ローマの市内では、いつも悲惨なことが起こり、暴力的で、悲しみに満ちてもいた。僕はローマ郊外に住んでいたんだが、市内から家に帰るときには、必ず、2、3の検問所を通って、ポリスの尋問を受けなければならなくてね。そんな時代だよ。学生たちはみな、調べ上げられた。検問所には、銃を持ったポリス数人が立っていて、車の中に誰がいるのか、何か武器は隠していないか、徹底的にね。その厳しい検問が、若者たちに恐怖と嫌悪を与えていたから、ローマの若者たちは家に閉じこもって、なかなか外出しようとはしなかったんだ。

その状況に、二コリーニは「NO! もうたくさんだ。みんな外に出ようぜ! フェスタだ!」と声高に叫ぶ勇気を持っていた。この彼の行動が、左翼運動を窮地に追いつめた「Brigate Rosse (赤い旅団)」の暴力文化を、街の隅に追いやったんだよ。暴力的な若者たちは次第にマイノリティになって仲間はずれになっていく。ニコリーニが開催する街のフェスタに参加しないんだから、しかたないね。シンプルな話だ。

●ニコリーニはパソリーニに共感していた?

ニコリーニはパソリーニとはまったく違う環境に生まれ育っているから、一概に深い共感があったとは言いがたいかもしれないね。しかし、その感性には共通項があることは否めない。彼もまた、ローマ郊外に住む、困窮した若者たちにおおいに共感していた。しかしニコリーニの父親は、有名な建築家で、イタリアの建築の権威でもあるアカデミア・ディ・サン・ルカのメンバーでもあるんだ。建築家として大きな功績がなければ、アカデミアのメンバーにはなれない。そんな建築家の息子であるニコリーニは非常に裕福な、恵まれた環境に生まれ育った人物だ。

Estate Romanaを発案する以前の彼を、大学構内や、街角で見かけては、僕はかなり反感を抱いていたんだ。そのころの彼はエレガントな緑のコートを粋にはおり、ドキュメント専用の新品の皮革の鞄を小脇に抱え、颯爽と闊歩していた。憎たらしい奴だと思ったよ。当時の僕は、怒れる若者たちで形成した極左のグループに属していたから、彼は『敵』でもあった。僕ら極左の革命家にしてみれば、ニコリーニが属していたPC、イタリア共産党は『敵』、だったからね。われわれから見れば、PCは「保守」、「右翼」とも言える政党で大嫌いな存在。その政党に出入りするチャラチャラした奴らは全員、大嫌いだったんだ。

われわれ革命家を目指したグループは、弱者、困窮者、家のない人々、ひどい労働条件でこきつかわれている工員たちが、なんらかの改革で新しい生き方をオーガナイズできるような環境をつくりたい、と切望していた。たとえば空いている公共の建物を占拠する、というのはこの発想から生まれたもので、われわれもいくつか公共の建造物を占拠したよ。イタリアの顕著な経済ブームというのは60年代に起こって、67、68年には工員の給料が上がりはしたが、その代償に奴隷なみの労働条件になる、という現象が起こってね。73年に原油危機が起こり、欧州全体が危機状態となって、イタリアはあっという間に深刻な経済危機に見舞われた。この危機は2、3年続いたが、この数年の危機が、工員や若者たちに「希望がない」と思わせ、極端な極左ムーブメントに走らせたんだと思うね。「資本主義にもはや希望はない。未来はない。われわれが革命を起こさなければならない」とね。

その時代、もちろん自分はその背景を読んで行動していたわけではなく、周囲の学生たちの流れに単純に乗ったということだと、今になれば思うよ。そのころの学生たちはPCの方針にはまったく賛同していなかったから、違う道を歩まなければならない、と考えていたんだ。そのころのイタリア共産党は、政府や右派、他の中央左派、つまり当時の権力、『キリスト教民主党』などと、合意を得ようと政治的なオーガナイズに余念がなかった。彼らは他の政党と合意することにより、資本家たちと手を結び、経済ブームを再来させる、という戦略を選んだというわけだ。したがってそのころのわれわれ学生は、共産党と言ったって、結局は資本主義的、キャピタリストじゃないか、と定義し、怒り狂っていた。

しかし成長していくうちに、他の欧州の国々と同じ道、つまり中央左派、中央右派との合意は、市場、資本家を巻き込んで、経済を機能させるために最上の策であったのかもしれない、と考えるようにもなったけれどね。一方あの頃のわれわれには、確固としたアイデアというものがなかったから。この危機からどのように脱出して、生き抜いたらいいのか、具体的な社会保障案を提議することもできなかったわけだし。

ニコリーニはいわば、既成の、あるいは伝統的ともいえる共産党の流れからやってきた男で、われわらの集会、工員のストライキにも参加したことがない。ところが急に共産党のなかで力を持つようになり―というのも当時、ローマの市長戦で共産党が勝利を飾り、市長の座を獲得したペトロセッリに、評議委員に任命されたからだが―そのころからニコリーニは、いままでのパーソナリティを180度変換させた。大抜擢だよ。三十代そこそこの経験のない若者を文化評議委員に抜擢するなんてね。ペトロセッリにはたいした先見の明があったということだがね。

そのころの若者たちは、文化のイノベーションを志してはいたが、それを実行する力、財力がなかった。それに『鉛の時代』の真っ最中、あらゆる可能性が閉ざされてもいた。暴力でしか、それを打破できないんじゃないか、とまで若者たちに考えさせるような時代だ。そんな不幸な時代、ニコリーニは若者たちのなかに眠っていた才能や、アイデア、情熱を引き出し、それを実現しようとしたんだ。彼は社会主義の政策における社会主義的環境で、Teatro Socialeをどのように表現できるか、ということを実験的に実現しようとしたんだと思うよ。具体的には、どこで自分を表現したらいいのか、と道を探していた大道の役者たち、ミュージシャン、クラシックの音楽家、詩人たち、画家たちに表現の場を提供し、何処に出かければ出会いがあるかを知らなかった若者たちに行き先を提示した。彼のイベントの大成功は彼の実験の思わぬ大成功、偶発的なものではあったんだ。後年、彼も「まさかこんな大騒ぎになるとは思わなかった」と言っている。

今から過去を振り返ると、われわれの時代にはイノベーションが必要だった。Teatro Sociale、Vita sociale(個の生活に対応した社会生活)が必要だった。ローマという街はとても豊かな街だ。巨大な建造物、広大な広場、美術館、教会、何でもある。そしてそれはすべての人々、ローマ市民のものでもあるんだ。それをニコリーニは惜しみなく、平等に、人々に解放した。そのイベント、フェスタに参加したアーティストには有名な人々もいたが、無名のダンサー、音楽家、ストリート・アーティストが大半で、Estate Romanaをきっかけに才能を開花させ、重要なアーティストになった者たちが多くいるのも事実。ニコリーニは彼らに自分たちの作品を表現する機会を与え、彼らはその「場」で成長していったというわけだね。

●ニコリーニはイタリア国外でも評価が高いが。

彼のカルチャー・イノベーションはヨーロッパじゅうで有名になったんだよ。新しい文化のスタイル、われわれが今まで知らなかった真正の社会主義的な文化の流れだ。こんなことが起こったのはローマ以外になかったんじゃないかな。この流れに魅了されたパリが、ニコリーニを招聘して、アドバイスを仰いだりもしたぐらいだよ。

世界中の有名アーティスト、イベントオーガナイザーが、報酬は一切いらない、一緒に仕事をしたい、とニコリーニに声をかけてもきた。ニコリーニと仕事をすることが、彼らのステータスになったわけだね。

 

133315820-59d79f41-a486-4afe-8d32-a3328cd9527e

Città del Teatroにて(La Repubblica紙より)

 

彼はもちろん政治家ではあったが、建築家であったことは重要なことだと思うよ。彼は建築家としてローマという街の機能を知り尽くしていたんだから。それにただむやみに、思慮なく、ローマの中心部を市民に解放したのでもない。彼はローマの中心部が、そもそも「劇場」、スペクタクルの場であったことを知っていたんだ。彼が歴史に精通していたかどうかは定かではないが、直感的に、その事実を理解したのだと思う。ローマの古代からの都市計画を調べると、ローマの広場、建築物のデザイン、噴水のある場所などでは、つねにフェスタが行われていたことが分かる。力のある教皇、貴族、あるいは枢機卿が、市民に場を解放して、誰もが参加できるフェスタを開催していた。これは1800年後半まで続いたと言われているが、ローマの街はもともと、Teatro Socialeを形成するデザインになっているんだ。ローマの街並みそのものが劇場。

街にはその記憶が残っている。時の教皇、貴族、枢機卿は死んでいなくなり、社会システムは変化するが、壁、石畳を形成する石、街はほとんど変化しないのだからね。ニコリーニはその街の記憶を読みながら、プロジェクトを練ったんだ。そしてローマという街は、いまだにTeatro Socialeの舞台となるために、美しいシノグラフィーを持ち、機能的であることを証明した。

●実際のニコリーニはどんな人だったのか。

非常に論理的なインテリだったが、と同時に直感的な人物だった。また背景に広大な文化を持った人物でもあった。彼の演劇の授業、建築理論、歴史などのカンファレンスに行くと、その深淵な知識に度肝を抜かれた。スーパープロフェッサーだったよ。しかしやはり、それは彼の直感により導きだされた内容の講義でもあったけれど。

たとえば彼のオフィスに、その日暮らしの若者が現れて「自分は偉大な音楽家だ、天才でもある」と言うと、彼は直感で彼が本物であるか、そうでないかを見分けることもできたんだ。これは、現在著名なオルガニストになった女性から、実際に聞いた話だけれど、彼女はかつてニコリーニのオフィスに直談判に行ったことがあるらしい。彼女はそのころ、奨学金をもらう貧しい音楽学校の女生徒で、しかも前の晩、友達と飲み明かして二日酔いのまま、ひどい格好でオフィスのドアを叩いたのだそうだ。「わたしには夢があるんです。ボロミーニがデザインしたキエザ・ヌオヴォにある、あのオルガンを弾いてみたい」ニコリーニの顔をみた途端、彼女はそう訴えた。そのオルガンは600年代に教会に設置されたもので、大変に貴重な教会の宝でもあるオルガンなんだけれどね。もちろん、普通は自由に弾けない代物。

ニコリーニはそれを聞くと、非常に軽い調子で「いいよ。ローマの管理局に言っておく。君に鍵をあげるよ」と言って、すぐに鍵を手配してくれた。「君の夢を実現させるといい」彼女は、その時の演奏で、大きな喝采を受け、それをきっかけに才能を開花させ、今では毎年ローマで開かれるオルガンフェスティバルを開催するまでの重鎮だ。

ニコリーニは権力を持つ人物だったが、その力を誰にでも、分けへだてなく与えた。もし、今、ローマの文化評議委員に「劇場を貸してほしい」と言ったとしよう。彼は「君はいったい誰なんだ。どこの政党を支持しているの? 家族は? 誰か紹介状を書いてくれるような人物を知っているのかい?」といちいちうるさいことだろう。これが俗物、普通の権力者だ。選挙の票になるか、あるいは何らかの利益を得るか。それが権力者の仕事だと勘違いしている。ニコリーニにはまったくそんなところがなかったよ。

彼と時代を共にしたわれわれには大変に魅力的な人物だし、政治家のモデルともなる人物だとも思う。彼は常にふたつの世界を行き来していた。お金がなくとも、若くて野心的な芸術家、夢多きアーティスト、エネルギッシュな未知数を持つ人々の世界、しかし彼は政治家であり、大学の教授だったわけだから、オフィシャルな顔をも持つ必要があり、アカデミックなインテリ、あるいは政治家たちの世界とも交流していた。彼はまったく自然に、そのふたつの世界を自在に行き来し、その相容れない世界を調和させるキャパシティを持っていた。そこには、ほんの少しも葛藤はなかったんだ。

彼がいなくなったことは、僕にとっても、ローマにとっても、世界にとっても大変な損失だと思う。なかなか出てこないよ、あんな人物は。時代は変わっても、僕は彼のアイデアの本質が、世界じゅうで実践されることを、いつも願っているんだ。

 

133314501-f2ed8a45-c63e-45fb-aff3-fe5419e5d88c

フェデリコ・フェリーニとレナート・ニコリーニ(La repubblica紙より)

 


RSSの登録はこちらから