Tags:

『鉛の時代』かけがえのない記憶 P.Fontana Ⅳ

Anni di piombo Deep Roma Società Storia

1969年に起こった『フォンターナ広場爆発事件』の一連の捜査が、大きく方向転換をすることになったのは、事件から20年以上が経った1990年のことである。

イタリア国家が提案した50000ドルと引き換えに事件に関する供述をした、OrdineNuovo 元メンバー、マルティーノ・シシリアーノの取り調べが 進むなか、フランコ・フレーダ、ジョヴァンニ・ヴェントゥーラと強い繋がりを持つ、デルフォ・ゾルジという新たな容疑者が「フォンターナ広場及び、ローマにおける一連の爆発事件」の実行犯として浮かび上がってきたのだ。この人物は『フォンターナ広場爆破事件』のみならず、トリエステ、ゴリツィア(ペテアーノ)で起こった爆破事件、さらに1974年5月28日、ブレーシャで起こったデッラ・ロッジャ広場の爆発事件の実行犯としても、カルロ・マリア・マッジなどとともに嫌疑をかけられている。

『デッラ・ロッジャ広場爆破事件』とは、CIGL(労働組合)、PCI(イタリア共産党)も参加してブレーシャで開かれた、ネオファシストテロ反対集会に集まった群衆のそばにあったゴミ箱が突如大爆発、8人の犠牲者、102人の重軽傷者を出した『鉛の時代』を代表するテロ事件のひとつだ。ゾルジはまた、69年夏に、フランコ・フレーダ、ジョバンニ・ヴェントゥーラが企てたと目される、汽車爆発事件にも実行犯として関わった疑いをも持たれている。

ヴェネト州出身のこの人物は、ナポリ東洋大学で日本語を専攻した、極右団体Ordine Nuovoのメストレ支部 に属した男で、ローマのシークレット・サービスとも密にコンタクトをとっていたとされる。空手と柔道を学んだ経験があり、『武士道』の研究を卒論とし、仲間内ではサムライとも呼ばれていた。事件当時、グループ内で主要人物としてアクティブに活動していたという証言が多くある。しかし捜査が及ぶずっと以前の1974年、ゾルジは奨学金を得て、すでに日本へ移住。大学でイタリア語の教師をしたのち日本人女性と結婚し、通常、取得がきわめて難しい日本国籍をスピーディに獲得している。イタリア政府は捜査、裁判の過程で、ゾルジの身柄引き渡しを日本に何度も要求するが、日本政府はそれを拒絶した。2001年、本人不在の裁判で『終身刑』の判決を受けるも、2004年の裁判で証拠不十分で『無罪』となり、現在では別名を名乗って、服飾関係、貿易関連の企業家として日本で成功している。

ちなみにデッラ・ロッジャ広場事件に関してはごく最近、正確には2014年2月22日に、被害者の遺族から再審が要求され、主犯の嫌疑がかけられながら『無罪』となったカルロ・マリア・マッジ(すでに80歳を超えている)、マウリッツィオ・トラモンテの再裁判が行われることになった。しかし実行犯とされたデルフォ・ゾルジは再審対象とはならず、今後永久に、この事件の捜査から除外された。

 

 

foto storica strage Piazza Loggia Augusto Fenaroli - Fotografo: Stefano Cavicchi

ブレーシャ、デッラ・ロッジャ爆破事件  Fotografo: Stefano Cavicchi(コリエレ・デッラ・セーラ紙より)

 

さて、『フォンターナ広場爆破事件』に関するそののちの経緯である。

1992年、サント・ドミンゴに逃亡中のOrdine Nuovoの元メンバー、カルロ・ディジリオが逮捕されている。この男はテロに使用した爆弾をオーガナイズした、Ordine Nuovo内の武器爆発物エキスパートとして シークレット・サービスと協力、CIAとコンタクトを取っていたことを自白した。この自白により、ディジリオは『フォンターナ広場爆破事件』で唯一の『受刑者』となり、10年の刑に服すこととなる。この「Zio Otto」(オットおじさんーディジリオのコードネーム)は、自らがフォンターナ広場とブレーシャ(デ・ラ・ロッジャ広場)の爆破事件で使われた爆弾の性能を精査したことを認めた。

さらにディジリオは、CIAがイタリア国内政治の不安定化を狙い、一連の作戦に加担していることをも告白。事実、ディジリオが従属していたUSAのエージェントのヘッドDavid Carretは、キリスト教民主党の当時の首相ルモールが、『緊急事態宣言』を出さなかったことで作戦は失敗したと考えていたことを、のちにカルロ・マリア・マッジも言及している。

1994年には、前述のマルティーノ・シシリアーニが、『フォンターナ広場爆破事件』の爆弾の準備に関わったことを自白。また、72年に起きたトリエステとゴリツィア(ペテアーノ)の爆破事件についても供述している。このふたつの爆破事件については、前述のゾルジも取り調べを受けていた経緯があった。シシリアーニは「フォンターナ広場事件」でアナーキストが当初逮捕されたことに関し、彼らがスケープゴートであったこと、トリノ裁判所前広場の爆破事件、ローマ裁判所爆破事件、フォンターナ広場爆破事件、10件の汽車爆破事件のうちの2件、トリエステとゴリツィア(ペテアーノ)の爆破事件は、「Zio Otto」にオーガナイズされた爆弾のおかげだったとも証言した。

1995年、裁判官グイド・サルヴィーニに率いられた、カラビニエリにより構成された特殊部隊による捜査で、元SIDシークレットサービス・エージェント、ニコラ・ファルダの証言を得ることに成功。1969年にSIDを辞めたこの元エージェントは、数々の爆破事件が、内務省内部の特別オフィスと協力して準備されたこと、SIDがその爆破事件の実行者をオーガナイズしたことの詳細を語った。

1998年2月11日のLa Repubblica紙を一部、引用する。

はじめはまったく馬鹿げた作り話だと考えられていた。70年代には、連帯している国のシークレットサービスが、これらの爆破事件の裏にいるなんて、と一笑に伏していた者たちもいたぐらいだ。しかしこの数日間、その笑い話が「実際に起こった事件」として裁判され続けている。アメリカ海軍の高官Devid Carret、イタリアにCIAエージェントとして派遣されていたアメリカ人が、『フォンターナ広場爆破事件』から始まる一連のテロ事件における、政治-軍事スパイとしてミラノで起訴された。

現在、裁判官グイド・サルヴィーニが、同僚グラッツィア・プラデッラにミラノの爆破事件におけるCarettの書類送検を行うことを決定し、それを遂行したところだ。それは463の捜査から作成された60000ページもの書類であった。

この10年の間、サルヴィーニ裁判官は、戦後のわれわれの歴史の最も暗い部分のいくつかを書き換えた。そしてそれはただ罪人を見つけるだけの目的でなされたわけではなく、裁判官に検証されたさまざまなエレメントにより、グラディオの『違法性』を示す論文ともなっている。残念ながら時効のため、検察を巻き込むことはできなくとも、時間で風化しそうになる、特に重要な犯罪ー政治、軍事スパイ行為はそのうちのひとつであるがーに関して、裁判官は粘り強く調査をした。サルヴィーニはこうしてNATO-USA情報活動におけるイタリアの責任者セルジョ・マネッティ(SID)、 全てを白状したエージェント、カルロ・ディジリオを起訴することに成功もした。また彼らとともにYves Guerin Seracとステファノ・デッレ・キアリ(極右団体幹部)という二人の人物を、裁判へ召喚している。

サルヴィーニ裁判官と、容疑者たちの自白によって、この数年間、テロ事件がどのようにオーガナイズされたか:フェニチェ(不死鳥ー極右の若者たちで形成されたグループ)、Avanguardia Nazionale(極右)、Ordine Nuovoがただのオカルト武装集団ではなく、国政に属するCIAに関係した者たちに操られていたことが明白となった。

このシナリオで、『フォンターナ広場爆破事件』は、テロリズム以上の事件となった。一連の事件において信頼できる証言者のひとりヴィンツェンツォ・ヴィンチグエッラは「69 年12月12日に起こった爆破事件は、政治と軍事が合致、『緊急事態宣言』が発令されるための起爆剤であるべきであった」と語ったが、結局計画はうまくいかなかった。そこで、1973年の5月、ミラノを訪れたマリアーノ・ルモール元首相を『非常事態宣言』を発令し軍事政権を樹立させなかった償いをさせようとしたわけだ(カラブレージ殺害1年後、メモリアルデーに起こった爆破事件)。犯人ジャンフランコ・マリアーノはアナーキストと称していたが、シークレット・サービスとファシストに強いつながりを持った男だった。

ディジリオが、ミラノのその事件の数日前にその計画をCarretに話したところ、キャプテンCarretは取り乱した様子で「きっとまずいことになる。もし、彼のような国の重要人物を攻撃すると、捜査がさらに厳しくなり、計画が明るみに出てしまうのではないか」と心配したと言う。また1969年から1979年にかけてのあらゆるクーデターの計画をアメリカ人たちはただ知っていただけではなく、実際にアクションを起こしていた。ディジリオは「これらの計画はアメリカ人たちも研究しつくしたプロジェクトで、キャプテンCarretは、キリスト教民主党のルモールのような優柔不断な人物のせいで失敗した」と捉えていたという。(後略)

なお、ディジリオの証言に基づいたDavid Carretの写真を手に、2001年、ゾルジの弁護士2人がUSAを訪問している。しかし写真と同一人物らしき男は、自分はChirly Smithだと名のり、68年まではイタリアに滞在したが、69年はヴェトナムに転勤したと証言した。ちなみにこの査定はサルヴィーニ裁判官が要請した調査ではなく、ゾルジの弁護人が独自の調査を行った過程の出来事である。以下、2001年、3月8日のCorriere della sara紙を一部引用。

「フォンターナ広場爆破事件にCIAの存在はない。この写真の男は別名の人物で69年にはヴェトナムに勤務していた」とゾルジの弁護士は断言している。「わたしはDevid Carret ではありません。Charles Smithです。ほら、これがわたしのIDカードです」「Carretの妻ではありません。わたしの名はDolores Smith、チャーリーの妻です」Devid Carretとみなされた人物とその妻はそう証言している。

これは被告人弁護のための弁護人独自の捜査であった。ゾルジの弁護士は、その一連の証拠を80分のドキュメントフィルムとして、法廷に提出している。(中略)

弁護士が携帯した写真は、本件で最も重要な証言者と見なされるカルロ・ディジリオが、極右シンパのDario Persicから提供された「自らが持つコネクションのなかで最も重要なCIAの人物、David Carret」の写真として提示した米人夫婦とPersicが写った写真で、72年12月23日、チャーリー・スミスと夫人、ジョバンニの家にて、と裏書きがあるものだ。Carretであると主張するディジリオの証言とは一致しないのだが、実は別の証言からその理由を推測すれば、符号もしている。「右翼シンパPersicは、その写真をジョヴァンニ・バンドーリの家で撮影したと言っている。その家ではCarretを含む、すべての米人のことをチャーリー・スミスと呼んでいた」ディジリオはジョバンニ・バンドーリもCIAのエージェントであると証言している。

ところでこのジョバンニ・バンドーリは2000年の12月21日の裁判で、55年から91年までヴェローナとヴィチェンツァの中間にあるNATOの基地で運転手として働き、ディジリオ、マッジとも知り合った、と言っているが、ゾルジの弁護士がCarretの写真を見せると「これはわたしの友人チャーリー・スミスと夫人のドロレスだ。彼らの住所を古い手紙から見つけ出した」とサルヴィーニ裁判官に提出もしている。この住所に関しては、司法側は虚偽の証言と見なして捜査を進めることはなかった。その住所の捜査をゾルジの弁護士が、今回行ったのである。

弁護士たちが実際その住所に行ってみると、驚いたことに「チャーリーと呼ばれるチャールズ」が存在することが分かった。(略)この夫婦は証言することを受け入れ、彼らの法的な通訳のもと、ジェファーソンのOskaloosaの警察で尋問され、その様子を弁護士がビデオ撮りをしたというわけだ。

72年に撮影された写真から、ディジリオが、これがCarretであると認めた「チャーリーとドロリス・スミス」は自らのIDカードをコピーし、68年までイタリアのヴィチェンツァに滞在したことは認めたが、キャプテンではなく、『倉庫番』であったと証言。バンドーリについては、イタリア人の友人であると言っている。キャプテンCarretについて問われると、「まったく聞いたことがない名前だ」と雲をつかむような答えをした。(略)

結局、今回提出された証拠品のドキュメンタリーフィルムから、ディジリオが自らのCIAの上司であったと証言したDevid Carretについて、カラビニエリは「その人物の存在を完全に証明することはできなかった。生きているかどうかもわからない」と書類作成。その身元を明らかすることはできなかった。

同2000年、南アフリカに逃亡し市民権を獲得した、SIDオフィスDのジャン・アデリオ・マレッティは、La repubblica紙のインタビューに答え、極右グループが起こした爆発事件にCIAの協力があったことを認め、一連の虐殺は、1967年に起こったギリシャの軍事クーデターと同様の状況を、イタリアに作り出すことであったと語った。マレッティは、政府は情報を得ていたにも関らず、SIDに介入することがなかったこと、SIDエージェントはイタリアとドイツの極右グループを連動させるために政治活動に潜入し、CIAの協力者として活動していたことについても言及した。

このように『フォンターナ広場爆破事件』の背景を語る数々の有力な証言もあり、事件が起こった1969年から35年経った2004年まで裁判は続けられたが、主犯と見られた1984年に判決を受けたフレーダ、ヴェントゥーラはもとより、実行犯と見られたデルフォ・ゾルジ、カルロ・マリア・マッジ、右翼団体、SID高官らすべて、証拠不十分で『無罪』、あるいは実質的に『放免』となっている。

つまり最終の判決が下された2004年、『フォンターナ爆破広場事件』における裁判の最終判決で、35年の歳月をかけて取り調べられ、構築された実相は、表面的には、まるで砂でつくられた楼閣のように、たちどころに風化し形を失った、ということになる。当時の新聞を調べると、遺族たちは「嘔吐をもよおす判決だ」と怒りを露わにし、裁判にかかった費用はすべて遺族が負担しなければならないという結果ともなった。唯一自白して服役したディジリオは翌年、2005年に亡くなっている。

しかし本当にすべては風化したのだろうか。

いや、きっとそうではない。主犯のなかに『有罪者』がひとりも出なかったとしても、その全過程はイタリアの市民たちの記憶にざっくりと刻み込まれ、いまだに真相と言われるものが浮かんでは消え、繰り返し語られる。たとえば直近では、2015年の5月25日にLa Repubblica紙が『デッラ・ロッジャ広場爆破事件』に関する、服役中のヴィンチェンツォ・ヴィンチグエッラの新たな証言インタビューを掲載してもいる。時代はいまだに続いているのだ。

 

DSC03236_-_Milano_-_Piazza_Fontana_-_Lapide_per_vittime_attentato_-_Foto_Giovanni_DallOrto_10-feb-2007

フォンターナ広場爆破事件の犠牲者に捧げられた石碑

 

この事件だけではなく、『鉛の時代』に起こった事件のあらゆる謀略は、司法で断罪されることはなくとも、永遠の秘密にはならなかった。気の遠くなるような時間をかけて真相が究明され、ヴェールに包まれながらも、そのメカニズムがおおかた暴かれ、新聞、その他のメディアを通じてパブリックに発表もされていることは、実は驚異的なことかもしれない。その時代、次々と起こる爆発事件、テロリズムの不条理で怒りに駆られ、若者たちは先鋭的に政治化、忘我となって暴力的に暴走した。後年、その時代を生きた、わたしの知っているほとんどの人々は、「まったくひどい時代だったよ」とその青春を冷静に振り返り、『暴力』では何も解決しないことを次の世代へと伝えてもいる。

ところで、わたしが『鉛の時代』を調べてみようと思ったのは、陰鬱なイタリアの暗部をさらけ出したかったからではない。さらにCIAやNATOの国際インテリジェンスが暗躍する、理不尽でドラマチックな政治対立の展開を興味本意に追跡したかったわけでもない。公に語られることはないが、わたしたちが普通に生きる社会の裏、国境を越えてインテリジェンスが動き回り、今やネットをも駆使して謀略を企てているだろうことは、想像に難くない。

そうではなく、イタリアの検事、司法官、ジャーナリストたちをはじめとする関係者たちが、「35年」(現在まで数えると45年もの間)という時間をかけて、たゆみなく事件の裏を探り、捜査を続け、その背景を調べ尽くそうとした「バイタリティと執念」をすごい、と思ったからだ。もし他の国で同じような事件が起こったとしたら、その事件の関係者たちは果たして、これほど粘り強く、『真相』を追求する気力があるだろうか。次から次に新しい事件が起こり、刻々と世界状況が変わる現代、45年以上も昔に起こった事件のことなど忘れてしまうか、忘れずとも、決定的な証拠を探し当てることをやがて諦めてしまい、いつの間にかうやむやになってしまうケースがほとんどだろう。現代を生きるわれわれは、あらゆることをあっという間に忘れてしまう。

二千年以上の歴史を持つイタリアという国の、時間のスパンは、他の国とは明らかに違う。その動きは遅々として、間違いをも繰り返すが、いったん追求を決意すると、その粘りは常軌を逸するものがあるのだ。

『フォンターナ広場爆発事件』に巻き込まれ、犠牲になったのは、この時代の他の爆発事件に巻き込まれたあらゆる人々と同じように、国際政治にはまったく無関係の、たまたま全国農業銀行に居合わせただけの市民たちであった。重症を負い身体の一部を失くしながら、一生を終えた負傷者の方々もいる。35年という、気の遠くなるような長い裁判のあと、すべての容疑者たちが『無罪』となって終わったこの事件を、市民たちはいまだに忘れることができないのは、どこにも怒りのぶつけようがない、複雑で、納得のいかない事情があるからだ。今思うならば、真相を究明するために延々と続けられた捜査は、巧みにプロジェクトされた理不尽なテロリズムへの怒り、犠牲になった市民たちへのオマージュであったのかもしれない。そして真相を追求し、暴き尽くそうとする姿勢が、グラディオに操られそうになったイタリア市民の威信であり、プライドでもあったのだとも思う。

もし万がいち、こののちにさらに続く一連のテロ事件に翻弄された政府が、『非常事態宣言』をどこかの時点で発令していたならば、瞬く間にクーデターが起こり、軍事専制国家が樹立していた可能性もあったということだ。全貌がおぼろげに見える現在から、その危機を振り返ると、歴史の危うさに戦慄もするが、70年代にイタリアに軍事政権政府が樹立し、そのままファシズムに逆戻りしていたとしたら、いまわれわれが持つ「明るく呑気で陽気」なイタリア人のステレオタイプは違うものになっていただろう。

いずれにしても、これほどたくさんの無辜の市民が犠牲になり、恐怖に彩られた不安定な社会状況が続くなか、頑なに『民主主義』という政体を政府が変えることなく、「グラディオは失敗だった」と謀略者たちを落胆させる『優柔不断』で、したたかに守り抜いたイタリアという国の、清濁併せ呑む老獪な柔軟性、狡さと誠実さを兼ね備える多面性には感嘆せざるを得ない。

『鉛の時代』は暗く、悲しく、やりきれない。しかしその重たい時代に、挑発に屈せず、決して専制に走ることなく、イタリアは『市民の権利』を何より優先した。もちろん現代のイタリアの政治を含める社会は、相変わらずそれぞれがそれぞれの意見を多様に主張しあい、収拾がつかず、経済状況もひどいものだ。ユートピアとはかけ離れた山積みの『問題』が渦巻く社会である。それでもその不満渦巻く社会の、いかにもわがままで個性的な『人間』のカオスと、底流に流れる『弱きものへの優しさ』こそが、この国の人々の素晴らしさ、だとわたしは思っている。外国人であるわたしが呑気に暮らしていけるのも、善悪を超える多様性を持つ社会の、その懐の深さのおかげでもある。

そしてまた、『鉛の時代』のこんなあやうい空気に飲み込まれることなく生きのびた、市民たちのしぶとくパワフルなバイタリティを、尊く思わずにはいられないのだ。現代イタリアの市民レベルの政治活動において、熟考され続け、主張される多様な『民主主義』のコンセプトは、このような激しい衝突の時代を経て、ブラッシュ・アップされたものなのだと思う。

事件の真相を負ううちに、静かに消されたジャーナリスト、作家も多いなか、解決はしなくとも事件の真相らしきものを、捨て身で暴いていこうと弾丸のように時代を駆け抜けた、当時のイタリアのジャーナリズム精神にも頭が下がる。また、妨害され、脅迫されながらも、命がけで果敢に真実を追い求め、正義を貫こうとした司法関係者、検察関係者が多くいたことは、感動を覚えるイタリアの良心である。

イタリアの、この一筋縄ではいかない『鉛の時代』は、白黒がつかないグレイッシュな色のまま、過去の時間に静かにとどまり、後世のわれわれに重要な何かを絶え間なく語っているような気がする。これもまた二千年の時を持つ、イタリアの壮大な歴史の遺産のひとつである、とも思うのだ。

*『フォンターナ広場爆破事件』に関して、一気に駆け足で要所と思われる部分を、なるべく演出せずに、出来事のみをまとめてみましたが、複雑で混乱した時代、未熟の由、いままでの記述になんらかの間違い、勘違いなどがあれば、ご指摘いただければ、と思っています。

追記:2015年7月22日、ミラノで開かれた裁判で、 『デッラ・ロッジャ広場爆破事件』の主犯Ordine Nuovoのカルロ・マリア・マッジ、謀略に加担したシークレット・サービス、マウリッツィオ・トラモンテに『終身刑』の判決が下された。事件から41年目にして『鉛の時代』に起こった爆発事件の容疑者が、初めて『司法』により断罪される、イタリアにとってきわめて歴史的な判決であるが、マッジ、トラモンテの弁護士は、控訴を検討することを表明している。

RSSの登録はこちらから