Tags:

『鉛の時代』深い霧のなかへ P.Fontana Ⅲ

Anni di piombo Deep Roma Società Storia

ロレンツォンの告発に基づいた捜査は地道に続けられ、事件から1年と2ヶ月が経過した71年3月、事件の核心と見られる2人のネオファシスト、フランコ・フレーダ、ジョヴァンニ・ヴェンドゥーラに、ようやく検察の手が及ぶことになった。

(写真は69年12月15日、ミラノ、ドゥオモで開催された爆発事件犠牲者の葬送に自発的に訪れた夥しい市民)

またこのとき、フレーダ、ヴェントゥーラ、さらにOrdine Nuovoの責任者、ピーノ・ラウティに正式な逮捕状が出された背景には、もうひとつ理由がある。『フォンターナ広場爆破事件』の2日後、弁護士でジャーナリストでもあるヴィットリオ・アンブロジーニが、友人、当時の内務大臣フランコ・レスティーヴォ宛に書いた一通の手紙が時を経て、あらゆる捜査との関係性で再評価されたという経緯があるのだ。アンブロジーニはその手紙で「Msi (Movumento sociale italianoーイタリア社会主義運動)から脱会した、ギリシャの軍事政権に深く繋がる少数派、Ordine Nuovoのメンバーが爆破事件の犯人である」ことを訴えていた。

すでに高齢であったアンブロジーニはフレーダ、ヴェントゥーラ、ピーノ・ラウティが逮捕された71年の10月、心臓発作で入院。その際、病院の窓から突然身を投げて自殺している。しかし転落した際の姿勢の不自然、また当時病院に勤務していた看護師のひとりが行方不明となり、追跡不能となるなど(病院側は、その看護師がそもそも病院に勤めていた事実はないと主張)、その『自殺』は多くの疑問を残している。

そんな不審な出来事が起こるなか、新たな容疑者たちの取り調べの過程で決定的な証拠とみなされた、SID(内務情報局)機密書類のコピーがヴェントゥーラの母親と叔母の共同名義貸金庫から発見されたのは1971年のクリスマスのことだ。それは54枚からなる機密書類で、米国CIAエージェントのリスト、さらに『緊張作戦』を実行するための具体案の詳細が書かれた書類であった。(KSD/VI M ed il numero progressivo 0281)

書類が発見された際、当時事件を担当していた司法官、ジェラルド・ダンブロージオは、ただちにSID責任者に通達、なぜ門外不出であるべきSID機密書類をヴェントゥーラが保管していたのか、その理由を問いただしているが、SID側からは何の応答もなかった。経緯が明らかになったのは、ダンブロージオの尋問に答えたヴェントゥーラ本人の証言によってである。

機密書類は1967年、右翼ジャーナリストであるグイド・ジャンネッティーニヴェントゥーラ、ルーマニアのスパイ監視を担当するシークレットサービスのエージェント、その3者の密会の折、ジャンネッティーニにより作成されたものであった。実際、証言を受けたジャンネッティーニの住居の強制捜査で、ヴェントゥーラが保管していた機密書類とまったく同じ書類が発見されている。

表向きは軍事ジャーナリストとして、極右団体 Ordine Nuovoのピーノ・ラウティとともに軍事パンフレットなどを出版していた、このグイド・ジャンネッティーニという男は、実はSID、シークレットサービスのエージェントで(コードネームはエージェントZ、あるいはアドリアーノ・コルソ。本人はSIDに協力したことを認めているが、エージェントであったことは否定している)、ローマのホテル・パルコ・プリンチペで開かれた、『緊張作戦』の沿革が発表された会議に参加した際に、SIDにリクルートされた男であった。なお前述したように、このとき、3月22日グループの創設者のひとりとしてアナーキストに潜入し、謀略活動に協力していたマリオ・メルリーノ他の学生20人とともに、緊張作戦会議に参加していた。メルリーノはミラノ中央警察がアナーキスト、ピエトロ・ヴァルプレーダの逮捕に踏み切る際、ヴァルプレーダに決定的に不利となる証言をした人物である。

 

giannettini-freda-346825_0x410

Guido Giannettini (左)とFranco Freda (右)

 

イタリア語で政治活動グループに工作のために潜入することをInfiltrareと言うが、現在でも何らかの政治活動(それがきわめて平和で牧歌的な活動であったとしても)に関わる際に、頻繁に使われる言葉でもある。特に、反体制の主張を掲げる市民政治活動(もちろん非暴力)に関わる人々は、盗聴を考慮してか電話(Email、ネット上の会話も含め)で重要な話をすることがなく、新しくグループに参入した人物をなかなか信用しない。イタリアの市民政治活動の世界においてInfiltrare、つまりスパイが紛れ込んで政治活動を混乱させる、あるいは当局に介入を促す、敵対するグループや人物の『悪意ある』工作を未然に防ぐことが常識でもあるのは、『鉛の時代』の教訓が政治活動全体に行き渡っているからにほかならないだろう。

さて、このジャンネッティーニだが、捜査の途中の73年に、いつの間にかパリへ逃亡している。また、その逃亡はSID、オフィスDの局長アントニオ・ラブルーナによりオーガナイズされたものであったことがのちに明らかにもなっており、ジャンネッティーニの逃亡を幇助したラブルーナは、1974年1月に自身の逮捕状が出ていたにも関わらず、4月には再びパリでジャンネッティーニに会い、逃走資金を手渡していた。つまり逮捕状が出たのちもラブルーナは身柄を拘束されることなく、自由に動いて任務を遂行していたということだ。

1974年8月、パリからさらに高飛びしたブエノスアイレスでようやく逮捕されたジャンネッティーニは、1979年の裁判で『終身刑』の判決を受けることになる。この人物の任務、また逃亡に関する真相の開示を求められたSIDは、いったんは「軍事機密のため、一切明かすわけにはいかない」と言及を拒絶するも、のちの取り調べで、ジャンニッティーニがSIDエージェントであったことを高官が認めた。しかしいったん『終身刑』の判決を下されながら、1981年の裁判でジャンネッティーニは一転、『無罪』となっている。

 

20091206 - MILANO- POL - PIAZZA FONTANA: 40 ANNI DOPO SI CERCA ANCORA VERITA' - Una foto di archivio del 1 febbraio 1075 mostra Franco Freda e Giovanni Ventura alla fine dell'udienza del processo della strage di piazza Fontana, alla Banca Nazionale dell' Agricoltura avvenuto Milano il 12 dicembre 1969. ARCHIVIO / ANSA / DBA

ジョバンニ・ヴェントゥーラ(手前)とフランコ・フレーダ(中央左)ANSA通信アーカイブより

 

ところで、1971年3月に『フォンターナ広場爆破事件』の主犯、極右団体Ordine Nuovo のフランコ・フレーダとジョヴァンニ・ヴェントゥーラに捜査が及ぶと同時に、それまで実行犯と見なされていたアナーキスト、ピエトロ・ヴァルプレーダは、時をおかず釈放される見通しとなった。事件の容疑者がフレーダ、ヴェントゥーラ、Ordine Nuovoにフォーカスされ、さらにこの年の7月には、実行犯の唯一の目撃者であったタクシー運転手コルネリオ・ロランディが、心労が重なったせいか気管支肺炎で亡くなっているため、ヴァルプレーダを実行犯と断定できる証人が、もはや誰もいなくなったからでもあった。しかし、と同時にロランディの死によって、全国農業銀行に鞄を運んだ真犯人を証言する人物は、もはや誰も存在しなくなった、ということでもある。

ヴァルプレーダの実際の釈放は、それでも法律が整備されるまでに(legge di personum :たとえ重大な犯罪の容疑者であろうと、裁判の判決が出る出ないに関わらず、3年の期間以上の当局による拘束は認められないという法律。この法律は当時ヴァルプレーダ法と呼ばれた)1年という時間がかかった。したがってヴァルプレーダが実際に釈放されたのは、拘束から1110日後の1972年の12月のことだった。

ちなみに、このヴァルプレーダというアナーキストは、逮捕当時、ダンサーを生業としていたが、文芸の才能もあり、3年の獄中生活の間に多くの『詩』を書き発表。また仲間たちとの手紙のやりとりを書簡集として出版している。このころのヴァルプレーダは落選はしても、獄中からil Manifesto紙のバックアップで国政選挙に立候補するなど、「国家ぐるみの冤罪」の被害者として、極左グループ、アナーキストのシンボル的存在ともなり、彼の書く詩には多くの若者たちが共感もしていた。釈放後も執筆活動を続け、2000年以降は、ジャーナリスト、ピエロ・コラプリコと共著で三冊の小説を書いたのち、2002年、69歳で亡くなった。

 

Unknown

Pietro Valpreda, Piero Colaprico共著の小説『降る雨のわずかな雫』

 

さて、再び、フレーダとヴェントゥーラに捜査の重点が移った1971年に戻り、もうひとつの重大なエピソードを挙げておきたい。ヴェントゥーラの母親と叔母名義の貸金庫から重要機密書類が見つかった一ヶ月ほど前の話である。

71年11月、ヴェネト州、カステルフランコでの出来事である。田舎屋の屋根の修理を頼まれた大工が、ドリルで誤って壁に穴を開けたところ、隣の物置きのような廃屋から、突如として大量の爆発物、武器が現れて驚愕、警察に通報した。その廃屋は、顧問として市政に関わる人物の所持する不動産であったが、なかに存在していた武器、爆発物は『フォンターナ広場爆破事件』数日後に、ヴェントゥーラにより隠されたものであったことが捜査の過程で明らかになる。実際、それらの大量の爆発物のなかには、事件で使用された爆弾の構成物質が含まれていた。また隠されていた武器、爆発物は実際の「戦争」に使われるような、非常に強力な破壊力を持つものばかりで、NATOレベルでなければ所有することのできないような武器であった

さらに1972年、フレーダの右腕とも言われるマリオ・ポッツァンが、参考人として取り調べを受けた際にこんなことを供述している。1969年の4月18日に、ポッツァンも加わって、Ordine Nuovoのピーノ・ラウティ、シークレットサービスエージェント、複数のジャーナリストなどとともに、パドヴァ大学インスティチュートで「フォンターナ広場の爆破」計画ー緊張作戦について会議を行った(のちにこの証言を翻す)。この会議では、「革命的テロ」を起こすことで、無辜の市民を巻き込みながら、恐怖で社会を支配する新しいパノラマについて議論されたとポッツァンは語っている。

「まず第一に反民主主義を信条とする。共産主義国は戦争は起こさなくとも、市民にじわじわと浸透している。それに対抗するにはテロしかない。われわれが起こそうとしているのは、革命に対抗するためのテロによる革命である」

しかしトレヴィーゾのカロジェーロ検察官は、取り調べに協力するためにポッツァンがこのような供述をしたのではなく、捜査を撹乱させるためである、と見なし、ポッツァンの供述を全面的に信用することはなかった。実際ポッツァンは解放されたのち、SIDのオーガナイズで「Mario Zanella」名義のパスポートを得て、スペインに逃亡、その後完全に行方をくらましている。のちの1981年、Mario Zanellaという名前は、フリーメーソン系秘密結社P2のリスト発覚の際に見つかり、物議をかもしたが、ポッツァンとZanellaが同一人物である確証は出ず終いであった。なお、SIDが諜報員、及び事件関係者を国外に逃亡させるために使ったのは、ローマの中心地、Via Siciliaにある映画プロデュース事務所であったことが、現在では明らかになっている。捜査されたその事務所で映画の制作が行われた形跡はまったく見当たらず、事件に関わった逃亡者たちのために偽のパスポート、及び航空券を都合していただけの、SID出先機関であったと見られている。

さて、1972年3月ローマにて、フレーダ、ヴェントゥーラ、さらにOrdineNuovo の幹部ピーノ・ラウティが起訴され本格的な裁判がいよいよはじまった。ところがその裁判は開始されてたったの4日で、ローマからミラノに移されることになり、この移動の際、ラウティのみが釈放一連の裁判は、司法官をジェラルド・ダンブロジオエミリオ・アレッサンドリーニ(1979年に極左グループ、プリマ・リネアの構成員に射殺される)が担当し、極右団体Ordine Nuovoとシークレットサービスの関係解明を中心に裁判が進められたが、その年の10月、つまり8ヶ月後に、今度は裁判の場がミラノから、さらにカタンザーロ(イタリア最南端カラブリア州)に移されることとなった。その際には、事件に関わっていたローマ、ミラノの捜査官数人が、解雇、移動ともなっている。一応は、「集まる傍聴者による裁判の混乱を考慮しての僻地への移動」、という理由だったが、裁判の場所が変わるたび、司法官が入れ替わり、裁判の流れが中断され、司法側は大きく混乱した。

なお、ローマからミラノに裁判が移動する際、即時釈放されたOrdine Nuovoのピーノ・ラウティは、この年5月の総選挙で、Msi(イタリア社会主義運動)のリストから国会議員に当選している。イタリアのファシスト思想は、ムッソリーニにならい社会主義をもそのイデオロギーに抱合しているので、マルクスを読み込んだメンバーも多くいた。したがってMsiは社会主義を謳う、極右政党である。

24_aprile_1972_Almirante_Rauti_Nencioni

Pino Rauti (Wikipediaより)

 

1974年の6月には、当時内務大臣であったジュリオ・アンドレオッティが、il Mondo紙のインタビューに答え、それまで疑われてはいても、オフィシャルには沈黙され続けた「ジャンネッティーニがSIDのエージェントであった事実」を白日のもとに晒す発言をして、騒ぎとなった。「明らかに取り調べが続いているのに、それを秘匿することは過ちである」と、アンドレオッティは述べている(ブエノスアイレスに逃亡中のジャンネッティーニはこの発言をきっかけに逮捕となった)。そののちの数年の間は、ジャーナリスト、ジャンネッティーニに課した任務の思想的過失でSID高官ジャン・アデリオ・マレッティも起訴され、政府を巻き込んで、時の首相、内相(アンドレオッティ)が僻地カタンザーロでの裁判の証言台に立つ、というスペクタクルな裁判が続く。

ところでil divo (魔王)と称され、パオロ・ソレンティーノに映画化もされたアンドレオッティという人物は、『鉛の時代』以降のあらゆる政治的暗殺事件の背後に不気味な影を落とす、マフィアとも深いつながりを持つイタリア現代史のキーパーソンのひとりだが、さまざまな場面で事件の秘密を暴露する発言をしている事実は、興味深くもある。当時の政権を握っていた『キリスト教民主党』後期の有り様を体現するこの人物が、毎日早朝、教会に通う敬虔なキリスト教であったことから、もろもろの暴露発言が、自らの罪を悔いる都合のいい『告解』をもイメージさせる。しかし実のところは世論や注意を誘導する、巧妙に計算された政治的な策略だったのかもしれない。

延々と『フォンターナ広場爆破事件』を巡る裁判が続くなか(その他の69年以降に起こったテロ事件についても、平行して捜査、裁判が繰り広げられた時期でもあり、学生、労働者の抗議活動はいよいよ限度を超え暴力的に発展していった)、『赤い旅団』による「アルド・モーロ元首相誘拐、殺害事件」が起こり、イタリアじゅうに衝撃が走ったのはアンドレオッティが内閣首相を務める1978年のことである。

この極左テロリストグループは、元首相の誘拐は国家による虐殺、『緊張作戦』への復讐であることを示唆、モーロと引き替えに『赤い旅団』思想犯の即時解放を要求した。元首相が誘拐、殺害されるという、当時のイタリアをさらなる絶望へと陥れたこのショッキングな事件について、実は詳細を追ってみようとリサーチをはじめたところだが、当初もっとも解りやすいメカニズムを持つと思われたこの事件の裏には、さらに複雑な国際諜報の動きが浮き上がり、愕然としている。そのダイナミズムを克明に書いている当時の司法官もいて、正直なところ、事件を追えば追うほど、魑魅魍魎が跋扈する深い森のなかに放り込まれたような心持ちにもなることを告白しておきたい。

さて、『フォンターナ広場爆破事件』へ再び戻る。

1979年のカタンザーロで再開された裁判の初日のこと、警察に管理されていた被告人、フレーダ(1978年9月に失踪)、ヴェントゥーラ(1979年1月に失踪)が行方不明になるという前代未聞の展開となり、公判が延期をやむなくされる、という事態となった。厳重な監視のもとに置かれていたにも関らず、フレーダはコスタリカへ、ヴェントゥーラはアルゼンチンへと高飛びしていた。この逃亡劇をSIDが補助したことは、もはや自明のことでもあった。

その年の2月、重要被告人ヴェンドゥーラ不在で開かれた裁判(フレーダは帰還を余儀なくされ)で、フレーダ、ヴェントゥーラに『無期懲役』、ヴァルプレーダ、メルリーノに4年6ヶ月、SIDのアントニオ・ラブルーナに2年の刑が求刑された。しかし判決は一転、全員が『無罪』となる。上告は判決を破棄し、ただちに再審を申し立て。こうして、今度はカタンザーロからさらにプーリア州バリに裁判が移され、フレーダ、ヴェントゥーラ、メルリーノ、SID局長マレッティ、ラブルーナ、ジャンネッティーニの『有罪』『無罪』が繰り返される。

そして1985年の公判では、それぞれが証拠不十分『無罪』、あるいは『減刑』の判決。1987年には再度『無罪』が確認され、最終的には全員が実質『放免』、自由の身となるという、まったく納得のゆかない結果となった。

 

スクリーンショット 2015-07-10 15.01.39

「16年ののち、ひとりもいない有罪者」1985年4月2日Avvenire紙

 

自由の身となったヴェントゥーラは2010年、逃亡先のブエノスアイレスで病死。事件当時からArという出版社を営んでいた弁護士フレーダはいまも健在で、精力的に執筆活動を続け、Libero紙にも署名入りで記事を発表している。2015年にはジャンパオロ・パンサがフレーダについて書いた『La vera destra siamo noiー真の右翼は我々だ』という本が、Rizzoliから出版もされている。一方SIDのエージェント、ジャンネッティーニは2003年に病死した。

さて、この項の最後に、1973年に裁判官ダンブロージオの手に渡った、1969年12月16日にSIDが作成した「ネオファシストを巡るメモ」について述べておきたい。そのメモには「この爆発事件は、68年、パリで起こった事件(フランスの5月運動から誘発された社会的混乱)と明らかに関係があり、それをオーガナイズしたのはY.Guerin.Seracである」という記述がある。

正しくはYves Guèrin-Sèracと表記されるこのフランス人は、当時、ポルトガルのリスボンでAginter pressという通信社を運営していた、ミステリアスな人物だ。英語版wikipediaでは、『反共産主義のカトリック信者活動家』と記載され、仏軍においてインドシナ戦争、朝鮮戦争、アルジェリア独立運動の際、活躍したベテラン、フランスのインテリジェンスと協働するグループに属していたことが明らかにされている。また『緊張作戦』の扇動者であり、Ordine Nuovoのピーノ・ラウティと密接に繋がる『フォンターナ広場爆破事件』のメインオーガナイザーとも記されている。イタリア版WikipediaではAgeinter Pressで記載があり、アフリカとヨーロッパにナチス思想を広める、 NATOーstay bihaind(緊張作戦)諸国のインテリジェンスと関わりをもつポルトガルを基盤に動くスパイで、イタリアのみならず各国で「反共産主義」をキーにさまざまな破壊行為をオーガナイズした、とある。この人物が、欧州諸国にまたがって張り巡らされたGladioーグラディオのオーガナイザーのひとりであることは間違いなさそうだ。

いずれにしてもヴェントゥーラ、フレーダらが『無罪』となったあとも、『緊張作戦』に関わる捜査は延々と継続され、やがて『フォンターナ広場爆破事件』は事件から遥かな時を経たのち、新たな局面を迎えることになる。

 

スクリーンショット 2015-07-10 15.02.25

「虐殺事件はNATOへの忠誠」「グラディオとネオファシストの謀反」1995年 4月12日 コリエレ・デッラ・セーラ紙

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RSSの登録はこちらから