Tags:

『鉛の時代』もくろまれた真相 P.Fontana Ⅱ

Anni di piombo Deep Roma Società Storia

前述のようにグイド・ロレンツォンの告白を巡る捜査は末端に追いやられ、『フォンターナ広場爆発事件』の直後、ミラノ中央警察署に設置された捜査本部で重点的に取り調べが進められたのは、アナーキストたちであった。

ほとんどの被疑者が解放され、最後まで取り調べに残されたのは3月22日グループをはじめとするアナーキスト14人、そしてミラノの鉄道員、ジョゼッペ・ピネッリである。

ジョゼッペ・ピネッリは元パルチザンの温厚な人柄で、当時の革命的労働組合、あるいはPCI(イタリア共産党)などの会議、集会をオーガナイズする政治クラブ(イタリアにはCircoloと呼ばれるクラブが各方面に多くある)、Il Circolo anarchico Ponte della Ghisolfa(ギソルファ橋アナーキストクラブ)のメンバーのひとりであった。イタリア各地のアナーキストたちからも一目おかれる人物で、当時極左のオピニオン・リーダーとして強い影響力のあったジャンジャコモ・フェルトリネッリとの交流も指摘され、ミラノ中央警察はピネッリを爆破事件の扇動者、あるいは首謀者とみなしたのだ。他の被疑者を順に解放したのちも、若いアナーキスト、ヴァレトゥッティとともにピネッリの身柄を最後まで拘束した。

アントニオ・アレグラ警察署長以下、ルイジ・カラブレージ警視の指揮によりアナーキストたちの事情聴取が進められ、法律として認められる「逮捕状のない」参考人の聴取期限、「30時間」を超え取り調べが続く。

また警察が犯人究明に慌ただしく動く中、時のルモール内閣『非常事態宣言』の発令を詮議しているが、長い協議の末、結局それが発令されることはなかったことをここで強調しておかねばならないだろう。

アナーキストたちの取り調べが3日めに突入した12月15日夜半のことである。ピネッリは事情聴取の途中、突然ミラノ中央警察の建物、四階から中庭に転落、謎の死を遂げる。その際、取り調べが行われていたカラブレージのオフィスには警視以外(のち、ピネッリの転落時にカラブレージは不在であったと主張、一方取り調べ室の外にいたヴァレトゥッティは、部屋を出て行くカラブレージを見ていないと証言)にもカラビニエリ、エージェントを含む5人の軍及び警察関係者が同席していた。

12月15日はミラノのドゥオモ大聖堂広場を埋め尽くしてさらに溢れかえる、夥しい数の市民が自発的に集まり、爆破事件の犠牲者を葬送した、イタリアの戦後史に市民の『嘆き』が刻印された日である。長年の友人である、Ordine Nuovoの構成メンバーであるヴェントゥーラを告発したトレヴィーゾのロレンツォンは、「TVでドゥオモに集まった人々の悲しむ姿が自分に告発を決心させた。あの場に集まった人々がわたしの心を動かしたのだ。そのときわたしは市民として勇気を持ち、責任を果たすべきだと考えた」と最近のインタビューで語っている。ロレンツォンはカトリックに深い信仰を持つ、穏やかで安定した人物という印象を受けた、と当時ロレンツォンの告発を受けた検察官は振り返っている。

また、葬送が行われた15日は、爆破事件の実行犯として、やはりアナーキスト、後述するピエトロ・ヴァルプレーダが警察に連行された日でもあり、ピネッリの死の直後、警察側はピネッリの死を「アナーキストが実行犯として逮捕され、首謀者として罪の大きさを悟った悔恨の自殺」と断定、メディアに発表する。警察発表によると、ピネッリは自らのアリバイが崩れたことを悟った瞬間、「突然、豹のように跳ね上がって、窓に駆け寄り『アナーキーの最後だ』と叫びながら身を投げた」と劇的に表現したが、警察のこの発表には、多くのメディアが疑問を呈している。のちの捜査で、このときピネッリが主張したアリバイが証明されると、警察は「飲まず食わずで、眠ることのできない3日間ぶっ通しの取り調べでピネッリは疲れ果てていた。吸った煙草で気分が悪くなって窓に寄りかかり、誤って落下した」など供述を二転三転させた。

 

pinelli_calabresi_exc

Giuseppe Pinelli(左)Luigi Calabresi (右)

 

その面倒見がよく、人望の厚いアナーキストの不可解な突然の死の真相に迫るべく一石を投じたのが、Lotta Continua(継続する闘争)紙(労働者、学生で形成された極左政治グループが出版していた新聞。過激な言論が当時の若者たちに大きな影響を与えていた。この新聞は解散ののちも、ガッド・レイナー、エンリ・ディ・ルカなど、一線で活躍する多くのジャーナリスト、作家を輩出している)である。

Lotta Continua紙は「ピネッリを殺害したのは、その夜捜査していた警官たち、その責任者ルイジ・カラブレージであり、カラブレージは空手でピレッリを窓から投げ落とした」という内容でスクープ記事を掲載、攻撃的でセンセーショナルなキャンペーンをはじめる。

そのキャンペーンをきっかけに、一気に世論はカラブレージはじめ、ミラノ警察署長アレグラが率いる捜査本部への非難に動き、ピネッリの死に関する真相究明を求めて、700人の知識人、アーティスト、政治家、ジャーナリストなどがエスプレッソ紙に「ピネッリの死に関するカラブレージの責任」「国の組織、検察(特にシークレットサービスの不透明性)」を糾弾する署名を発表するという事態ともなった(ベネトンの広告で有名なオリヴィエロ・トスカーニ、ナタリア・ギンズバーグ、ウンベルト・エーコ、フェデリコ・フェリーニ、ピエール・パオロ・パソリーニ、ベルナルド・ベルトルッチなども署名している)。

さらにLotta Continuaグループは『フォンターナ広場爆破事件』の1年後、ピネッリの謎の死に関して、パソリーニの発案による『12 DICENBRE』というドキュメント映画を制作している。リチア・ピレッリ夫人や母親、また当日、爆弾が入った鞄を持った犯人を銀行まで乗せたという、タクシーの運転手ロランディなどを独自に取材した、事件の核心に迫る長編映画でもある。

2日間以上、警察内に拘束して行われたピネッリの事情聴取は必要以上に執拗であり、また明らかな「違法」で、爆破事件の数日後に犯人を断定するのは、あまりに不自然な性急さでもあった。こうしていったん、『自殺』としてアーカイブ入りになりそうになった事件は再捜査されることになるが、その後の長い裁判ののちも、ピネッリの死を巡る真相は結局明らかになってはいない。ピネッリの死の責任の所存を問う裁判で、「ピネッリが窓から落ちた際、オフィスから席をはずしていた」と主張したカラブレージを含む警察側全員『無罪』が確定したのは、カラブレージがミラノの自宅付近で射殺された1972年から3年後のことである。

 

2015-06-25_1000-720x340

ピレッリ殺害の責任者、カラブレージ殺害される。 Lotta Continua紙のポジション。 と見出しがつけられたLotta Continua紙の翌日の新聞より

 

ここで少し横道に逸れるが、警視カラブレージの殺害に関しても、多くの謎が残っている。主犯としてLotta Continua紙の創立者ジョルジョ・ピエトロステファーニ、アドリアーノ・ソフリ、実行犯としてヴィディオ・ボムプレッシとレオナルド・マリーノが逮捕された際、ダリオ・フォーをはじめとする多くの知識人たち、またLotta Continua紙出身の著名ジャーナリスト、ジュリアーノ・フェラーラ、ガッド・レイナーなどが疑問を呈している。

1988年に別件で逮捕されたマリーノが、裁判官の前でピエトロステファーニ、ソフリが主犯であることを証言したことが、この2人の若い活動家の逮捕のきっかけとなるのだが、このときのマリーノの供述は信憑性を欠いており、誘導、あるいは拷問などにより、供述を引き出したのではないのか、と警察側は非難を浴びることとなる。ソフリ、ピエトロステファーニは長い裁判で、結局『有罪』となったのちも、獄中から無罪を主張し続けた。分析力にひときわすぐれるイタリア有数のインテリと言われるジャーナリスト、作家でもあるソフリは、獄中から多数の記事を有力紙に発表し続け、多くの『無罪』運動に支持され、22年の刑期を終えぬまま、ピエトロステファーニとともに2012年に出所している。

『非合法武装行動が、現在われわれが直面している階級闘争の決定的な方法でない、ということと同様、政治的殺人は、資本家たちの支配に大衆が反乱を起こすための決定的な武器(方法)ではない。しかしこの考えから、われわれがカラブレージの殺害、つまり正当な裁きを要求するという認識による行為を、嘆くというわけではない』

Lotta Continua紙、つまり若きソフリ、ピエトロステファーニはカラブレージの殺害時、このような攻撃的な意見を発表していた。カラブレージの死を巡っては極左テロリストグループ『赤い旅団』も疑われた経緯がある。

カラブレージの死を巡るもうひとつの疑惑は、殺害された時期、カラブレージがジャンジャコモ・フェルトリネッリ殺害の事件の捜査中であったということだ。フェルトリネッリは、カラブレージの殺害の一ヶ月前に、ミラノ郊外で爆破により顔の見分けがつかない遺体で見つかっている。元パルチザンでもあったフェルトリネッリは、今でもイタリアの都市には必ず数件はある大型書店、『フェルトリネッリ出版社』の創立者で、当時、極左運動のオピニオンリーダー的存在であったが、武器を使っての闘争も辞さないというかなり過激な人物で、極左の過激グループに資金を供給していたとも言われている。転落死したピネッリも、このフィルトリネッリと親交があったことから、資金を提供されていたという疑惑も持たれていた。ちなみにこの出版社の創設者はグラディオー『緊張作戦』における最も重要なターゲットのひとりであった、との声もある。

また、カラブレージが殺害された1年後、ミラノ中央警察署で開催されたメモリアルデーにおいて、訪れた当時の内務省大臣マリアーノ・ルモール(『フォンターナ広場爆破事件』が起こった年の内閣首相)が、ミラノ中央警察の玄関で車に乗るか乗らないかのきわどい瞬間に、爆弾が投げられるという事件が起こった。その爆弾で、メモリアル・デーに集まった群衆のうち4人が死亡、45人が重軽傷を負うという凄惨な爆破事件となる。

群衆に向かって、この『Ananas(パイナップル)』と呼ばれる爆弾、Mark2を投げた、アナーキストを名乗るベルトーリはその場で即刻逮捕。標的はルモールであった、と告白している。フォンターナ広場爆破事件のあとに、当時首相であったルモールが『緊急事態宣言』を発布しなかったことへの報復だったと言うのだ。しかしアナーキストを名乗るこの男は謎が多く、まず、イスラエル製の爆弾Mark2は、通常シークレットサービス、極右のテロリストたちが使う爆弾でもあったことから、当時の裁判官アントニオ・ロンバルディが、ベルトーリ、アナーキスト説への疑惑を指摘したが、ベルトーリは結局『アナーキスト』のまま『無期懲役』となる。時が経ち、2002年の裁判ではじめて、イスラエルのキブツで過ごしていた時期もあるこの男が極右グループと強い繋がりを持つ、SIDに従属して活動するSIFAR(軍諜報局)のエージェントであったことがSISMI(SIFARが分裂したのちの軍諜報局)の局長から明かされた。

余談ではあるが、殺害されたカラブレージ警視のご子息マリオ・カラブレージは、現在はイタリア主要紙であるLa Repubblica紙主筆、分析力に定評のあるジャーナリストとして活躍している。バイオレンスに満ちた破壊的な時代、謎に謎が絡まって糸口がなかなか見つからない『鉛の時代』のカオスは、現代のイタリアにとって重要な、多くのジャーナリスト、作家を生んだことも記しておきたい。

さて、ここで本筋の『フォンターナ広場爆破事件」1969年の12月に戻る。

事件の4日後、15日に容疑者として連行されたヴァルプレーダが、事件の実行犯として逮捕されたのは12月16日のことであった。ピエトロ・ヴァルプレーダは、アナーキスト「バクーニン」グループに属する、またローマの3月22日グループの創立者のひとりで、「ダンサー」を職業とする人物である。ヴァルプレーダは当日犯人を乗せたという、タクシーの運転手のコルネリオ・ロランディの目撃証言に基づき、実行犯として逮捕されるのだが、この逮捕劇も判然とはしない、納得のいかないものであった。

逮捕に踏み切った際、警察側は要注意人物として何ヶ月もヴァルプレーダを尾行していたと発表。しかし、事件の当日、ヴァルプレーダはミラノの祖母宅を訪れ、流行り風邪を引いてベッドから起き上がれず、一日中外出しなかったことを祖母が証言している。『フォンターナ広場爆破事件』唯一の犯人目撃者であるタクシーの運転手ロランディもまた、うろ覚えで「こんな男だったように思う」という程度でヴァルプレーダが犯人である、とは断言はしていない。このときロランディが「このなかに容疑者がいるか」と見せられた写真はヴァルプレーダの横に、エレガントな背広、ネクタイを着用、短い髪をなでつけた警察のエージェントがずらりと数人並ぶ写真で、目撃者としては、髪を伸ばしたカジュアルな服装のヴァルプレーダ以外に選びようがない写真でもあった。

さらにヴァルプレーダの逮捕に正当性を付加したのは、アナーキスト3月22日グループに潜入していた極右グループの工作員マリオ・メリアーノ(のちにSIDのオーガナイズでアナーキストグループに紛れこんでいた右翼グループメンバーと判明。メリアーノはローマで1965年に開かれた『緊張作戦』の会議にも出席している。メリアーノ以外にも3月22日グループには警察のエージェントも工作員として潜入していた)、また、カルロ・ジッコーニという、やはりのちに極右ネオファシストグループOrdine Nuovoとの関係が明らかになるジャーナリストの証言であった。逮捕されたのちもヴァルプレーダは一貫して無罪を主張し続けたが、二年間刑務所に拘留され、14年の間、裁判に拘束されることになる。

 

valpreda

フォンターナ広場爆破事件の容疑者とされたアナーキスト、のち作家となったPietro Valpreda

 

また「爆破事件」を巡っての警察の捜査中、ジャーナリストの調査上に、アナーキスト、極右、極左の活動すべてに近い人物が何人か浮かび上がってもいる。そのうちのひとりに、ヴァルプレーダに背格好、雰囲気がよく似たアントニオ・ソットサンティ、通称Nino Fascista(ニーノ・ファシスト)がいた。

のちの捜査でグイド・ジャンネッティーニ(極右ジャーナリスト、シークレット・サービスのエージェントであったことが明らかになる)、ニコ・アッツィ、ピエールルイジ・コンクテッリ(いずれも極右・ネオファシストグループメンバー)の事情聴取の際、アナーキストのなかで活動する極右工作員の存在を明かし、この極右工作員が、国家シークレットサービス、及び右翼グループ幹部に命を受け、事件当日タクシーに乗り、(爆弾の入った)鞄を運ばされたと話している。当初ヴァルプレーダと平行して、『フォンターナ広場爆破事件』の実行犯としてアントニオ・ソットサンティにも疑いが持たれたが、いつのまにかうやむやになっている。この男は、のちもあらゆるメディアの取材でその事実を否定、「言えない秘密が多くあるが、俺は墓場までそれを持って行く」と語りながら、2004年に他界した。

こうして判然としない謎ばかりが深まり、事件の解決にはほど遠い捜査が続き二年の月日が経ったころ、ようやく事件の核心人物、トレヴィーゾのロレンツォンが事件当初に告発したOrdine Nuovoに属するジョバンニ・ヴェントゥーラ、フランコ・ブレーダに捜査の手が及ぶことになる。後述するが、トレヴィーゾの検察官が独自に調査を進める過程で、偶然に見つかった大規模武器倉庫、ヴァントゥーラの叔母と母親の名義で借りられた銀行の貸金庫からCIAメンバーのリストとともに『緊張作戦』に関する、上述したグイド・ジャンネッティーニ作成の機密書類が発見されたことが起訴の決め手となった。

しかしながら、フレーダとヴェントゥーラが疑われたのは、ロレンツォンの告発が最初ではなかったことも述べておきたい。フランコ・フレーダが住むパドヴァの警察に勤務する、ユリアーノ警部という職務に極めて実直な警部が『フォンターナ広場爆破事件』のさらに以前から二人に強い疑いを持ち、動向を追っていた。

69年の8月、まるで『フォンターナ広場爆破事件』の予告ででもあるかのように、イタリア国内の汽車に8個の爆弾が仕掛けられ、12人が重軽傷を負うという爆発事件が起こっているのだが(その事件も当初はアナーキストたちの犯行とされた)、警部はその事件が起こる前から、不審な動きを見せるヴェントゥーラとフレーダを張っていた。

ユリアーノ警部はヴェントゥーラ、フレーダ両者の電話を盗聴し続け、彼らと交流のあったネオファシスト、マッシミリアーノ・ファッチーニという地方自治体参事の自宅から出てきた、極右グループメンバーとしてマークされていた少年の所持品に、爆弾と拳銃Calibro9を見つけ、現行犯で逮捕もしている。ところがその少年は、「建物内で会った他の少年から預かったものだ。ヴェントゥーラ、フランコの友人であるファッチーノから預かったものではない」と証言、たちまちに周囲が「警察が自作自演した逮捕劇」と騒ぎだしたため、パドヴァ警察は少年の証言を正当化、ユリアーノ警部がつくり話をしている、と非難が巻き起こった。その騒ぎののちユリアーノ警部はパドヴァの捜査から外されて、南イタリアへ更送されている。

捜査の途中、「少年はファッチーノの住居のある建物内では、ほかの誰にも会わなかった。わたしは当日の夜、少年しか見かけていない。少年は嘘をついている」と証言した元カラビニエリだった管理人の男性は、その数ヶ月後、自らが管理する建物内で「事故死」にしては不自然な姿勢、状況で転落死した。ユリアーノ警部が電話の会話を盗聴したテープを再生すると「この話を聴いている馬鹿がいることは分かっている。どんどん盗み聴きすればいい、俺たちには何も困ることはない」と笑いながら言うヴェンドゥーラの声が録音されている。

さらに『フォンターナ広場爆破事件』の直後、事件に使われたものと同型のタイマーをフランコ・フレーダが、ボローニャの店で50個購入したことを捜査官が突き止めた事実、爆弾が仕掛けられていたドイツ製のバッグ5個がパドヴァで購入されたものである、とバッグ店から直接警察に通報された、という重要な手がかりも、捜査の中枢まで届かないまま、警察署内でいつのまにかすみやかにもみ消されている

 

1970年、ピエール・パオロ・パソリーニのアイデアでLotta Continuaが制作したドキュメンタリーフィルム。1970年、『フォンターナ広場爆破事件』一年後の大規模デモ集会から映画は始まる。道行く人々に事件について尋ねても、誰もが首を振るばかり。犯人を乗せたタクシーの運転手と話したという人物は、タクシーに乗った人物がどのような様子であったか、また警察の捜査への不満を、また唯一の犯人を知る証言者タクシーの運転手ロランディは、捜査で証言したことにより、仕事がうまくいかなくなり、何もかもが停止してしまったことに肩を落として話している。ジャーナリストの訪問から夫の死を知った、ジョゼッペ・ピレッリ、リチア夫人も気丈に「ピレッリが死んだことを何故わたしにすぐに連絡しなかったか、とカラブレージ警視に問うと『奥さん、われわれには他にたくさんすることがあるんですよ』と言った」と答え、「アナーキズムはバイオレンスではないんだ。僕たちは暴力が使わない」と息子が断言したことを母親が証言。続いて、弁護士など司法関係者。若者、労働者たちは、「この爆発はアナーキストが仕組んだことではないことは、すぐにわかった。その背景にファシストがいるのは明らかだ」とも語っている。後半は労働条件の過酷で亡くなった人物についての証言、ナポリの失業者のインタビューなどが続く。本編は数時間の長編だが、Youtubeには抜粋でアップされている(参考)。


RSSの登録はこちらから