Tags:

テアトロ・ヴァッレ 役者Mario Migliucci

Cultura Deep Roma Occupazione Teatro

このサイトの初頭あたりで『占拠』の例として紹介した、イタリアだけでなく海外においても、新しい文化モデルのひとつとして大きな評価を受けたテアトロ・ヴァッレ・オクパート。2014年8月に『占拠』が解消した現在も、メンバーたちは次なるアクションを模索している最中です。

ローマ市財政危機の煽りによる大幅な文化予算削減で閉鎖された、ローマで最も伝統のある Teatro Valleを、演劇関係者たちが自分たちの手で生き返らせようと、2011年、『占拠』というスタイルで文化における政治主張を敢行、そのプログラムの質の高さと集客力で、演劇界だけでなく、各界の著名人たちの絶大な支持を集めた現象は、いまだ記憶に新くもあります。しかし2014年 8月、多くの市民、数々のメディアの応援にも関わらず、その『占拠』にローマ市から突然の退去命令が下され、メンバーたちは劇場をあとにせざるをえなくなりました。あれから約1年、巷ではなお、その復活を願う声を多く耳にします。

劇場を退去したのちも『占拠』メンバーたちは活発に議論を続けていますが、彼らの「情熱のゆくえ」を追うために、公開ミーティングにはたびたび参加、その場に満ちる、緊迫しながらも、常にポジティブで躍動感満ちる空気に、演劇、パフォーマンスの世界にはまるで関係のないわたしまでが、『占拠』メンバーの一人のような気持ちにもなりました。また、議論を傍聴することは、彼らが考える『公共財産』のコンセプト、また、ローマのアンダーグラウンド文化の現状を理解するために、有益な時間でもありました。

ローマ市のテリトリーに存在する、遺跡、廃屋、広場、噴水を含める公共の建造物やスペースは、そもそも市民のものであり、行政は市民がそれらの公共財産から恩恵を受けることができるよう配慮、管理すべきである。ローマの市民は当然そう考えていますが、実際のところは、『ローマ・カピターレ』をはじめとする、ローマ市所有の不動産にまつわるスキャンダルも明るみに出て、『公共財産』とは名ばかりじゃないか、と『占拠者』たちは憤りを隠しません。結局は『収賄』という『違法』をも含め、今までの行政の公共予算のずさんな管理のもと、民間を含む限られた機関のみが、本来は市民すべてのものであるはず『公共財産』から、好き勝手に利益を得ていたというのが実情です。「ならば自分たちの手で、『公共財産』を取り戻し、市民に開放すべきだ。しかし劇場というスペースを失った今、財団の運営はどのようにすべきか、また次のアクション、そしてそのアピールはどうするか」それが、テアトロ・ヴァッレ・オクパートの毎回の議論の核でもありました。

彼らのミーティングに通ううち、やがて『占拠』メンバーと顔見知りともなりました。夏が始まる直前に彼らが電撃的に行った、 Palazzo delle Esposizioni(ローマ市営美術館)における抗議パフォーマンスにいたっては「参加しないか?」と誘われもして、実を言うと少し心が動きましたが、わたしは支持者ではあっても、演劇関係者でもパフォーマーでもないので、やはり静かに首を振って、応援のみに徹した次第です。

いずれにしても、『占拠』メンバーたちは今のところ、自分たちの理想の文化モデルの実現を諦める気配はありません。テアトロ・ヴァッレ以外の、公共スペースを文化的占拠する、ほかのチェントロ・ソチャーレのメンバーも多く参加する彼らのミーティングには、今後もできるだけ参加して、彼らの次なるアクションの方向性、そして彼らの理想とする公共財産のCollettivo (集団的)な共有ー市民が平等の立場で参加しながら、経済的にも維持が可能な文化スペースの実現ーを探る議論の過程に同席したいと思っています。

 

11692740_1466251623689677_4615748930911062465_n

Palazzo delle esposizioni、テアトロ・ヴァッレ『占拠』メンバーによる抗議アピール(Teatro Valle Occupato Facebook より)

 

さて、そういうわけで今回は、2012年のテアトロ・ヴァッレ劇場の占拠当時から、運営メンバーとして加わった役者であり、脚本家でもあるマリオ・ミリウッチに、インタビューをさせてもらうことにしました。普段はいたって寡黙、物腰も柔らかく、思慮深い青年ですが、いったん舞台に上がると、人が変わったようにリズミカル、早いテンポのモノローグで観客を引き込む個性的な俳優です。高校時代に演劇に出会って魅了され、演劇という分野において『表現』を追求してきた彼に、「演劇に対する飽くなき情熱があるからこそ、さまざまな障害があっても継続できるんですよね」と共に舗道を歩きながら気軽に言ったところ、意外なことに「僕は情熱という言葉があまり好きじゃないんだ」と少し顔を曇らせます。

「自分がやりたい、と思うことに情熱をひたすら傾けることは何より素晴らしい、贅沢なことだと思うけれど」と呟くように言葉を返すと、「イタリアでは情熱ーPassioneという言葉には、『好きなことをしているのだから、報酬にもこだわらない』というニュアンスがある。情熱があるだけで充分しあわせじゃないか、とね。でも年月をかけて構築してきた表現に、それに見合う報酬がなければ、僕たちはどうやって生きていけばいいんだい? 報酬なしでは、プロフェッショナルな役者としては生きていけない。だから僕は『情熱』という言葉があまり好きではないんだ。演劇、役者も脚本家も、いや、その他すべての表現者たちは、仕事に見合う報酬が保証されなければならないと僕は思う。僕らのやっていることは、『仕事』として認められなければならないんだ。そしておそらく『表現』で生きていこうとする人間の、それが一番の課題だと思うよ。イタリアだけではなく、世界じゅうの表現者たちみんなが、そう考えていると思う。ヴァッレのメンバーたちの『占拠』も、われわれ演劇人の、その状況改善のためのひとつのモデルの提案でもあったわけだし」静かな口調ではあっても、マリオはきっぱりとそう言いました。

 

⚫️演劇と出会った経緯を教えていただけますか?

高校時代に演劇のコースを取ったことがきっかけ。プロの役者が指導するコースだった。もちろん完全にプロフェッショナルなレベルとは言えないが、今思い返せば高校生に演劇を教えるにしては、かなりシリアスで本格的なコースだったと思うよ。ほぼ、プロ養成コースとしても通用するんじゃないのかな。たとえば照明、衣装、シノグラフィー、音響など、演劇を形成する要素の重要性もそのコースで学んだし、それがあまりに面白くて、すっかりテアトロというものに魅了された。そのときに、これこそ僕のパーソナリティに、ぴったりと合う『表現』だと直感したんだ。

大学では文学を専攻、「アントン・チェーホフのチネマ」をテーマに卒論を書いた。その後いくつかのシアター・カンパニーに所属したんだけれど、そこで仲間と出会って、いくつものコースやワークショップに積極的に参加するようになったんだ。そのときにイタリアだけではなく、海外でも著名な演劇界のマエストロからも演技の指導を受けたよ。例えば、Stefano Viali、Mamadou Dioume、Anton Milenin に師事、Elvira Romanckzuk、Claudio De Maglio、Ferruccio Di Cori、Jean Paul Denizenなどのセミナーにも参加した。僕はイタリア以外で活動をしたことはないけれど、コースに訪れた海外の役者、演劇のマエストロたちからも多くを学んだと思う。その間、演技だけではなく、脚本を書く技術というものをも同時に学んだんだ。1998年。Stefano Vialiが監督した、David Grossman の作品、Il Giardino d’infanzia di Rikiが役者としてのデビュー。そのあと、Slawomir Mrozekの『夏の日』や、シェークスピアの『ハムレット』など、いくつもの舞台に立つようになった。

 

⚫️現在ではモノローグの一人舞台がほとんどですが、そのスタイルが生まれたきっかけは?

まあ、偶然の成り行きといえるかな。2007年に所属していたカンパニーが解散することになってね。でも僕は自分の表現を、その解散で停止したくなかったから、自分で脚本を書いて、それを演じるというスタイルをとることにした。カンパニーの演出家を含めて、イタリアの他の都市に転居したり、他の仕事についたりとバラバラになってしまったからね。当初は大変だったけれど、今思えば、いいきっかけだったのかもしれない。今でもそのときに書いた芝居をあちらこちらで演じる機会があるけれど、自分の作品を表現できる機会を得ることは、とても嬉しいことで、毎回、大きな満足感があるよ。

 

⚫️作品のテーマを教えてください。

まずはじめに書いたのは、エスペラントの父、ルドビコ・ザメンホフの生涯を、多少想像も交えた一人芝居。2007年に、Teatro dell’orologioで初演したんだけれどね。以前は僕もザメンホフの生涯をよく知らなかったんだが、調べているうちに、とても興味深いと思ってね。現代でも多くの人々が、ザメンホフをオリジナルとするエスペラント語、そして彼の理想に感銘を受けて研究しているじゃないか。世界中で絶えず研究会も開かれているし、いまだに、思想、言語のちがう諸民族間の相互理解を目的とする「エスペラント運動」というものが、多くの共感を呼んでいる。ザメンホフという人物の生涯もまた、非常に面白いんだ。僕もいくつかの研究会で、自分の作品「Doktoro. Esperanto 」を演じたよ。歴史的な人物像ということでいえば、映画の発明者である『ルミエール兄弟』をテーマにした作品も書いて、いろいろな場所で上演した。いわゆるベルエポックの重要な文化の転換地点で、欧州じゅうに『映画』を紹介したルミエール兄弟を、フィクションを含めて描いた物語をモノローグで演じるんだけれど、それは2011年が初演。

 

Mario Migliucci演じる、「ドクトール・エスペラント」

 

⚫️ということは歴史上、重要な人物が創作のテーマということ?

いや、そういうわけでもなくて、現代劇も書いているよ。『Primo Sguardo(最初のまなざし)』という題をつけた芝居は、イタリアのここ20年間の政治と主人公とある女性との関係とその別れをテーマにした、いわば自伝的ともいえる劇。他のテキストをまったく参照せず、完全に僕のオリジナルとして2011年に仕上げたんだ。そうそう、2011年にはジェームス・ジョイスにインスパイアされて書かれた『ダブリンズ・バー』という作品の演出もしたっけ。

 

⚫️占拠ちゅうのヴァッレでも、アーティストとしてプロジェクトに参加していた?

もちろん。ヴァッレのプロジェクトのひとつに『RABBIA』という実験作品のシリーズがあるのだけれど、僕はそこで脚本家のひとりとして参加していたんだ。このプロジェクトは俳優と脚本家が集まって、脚本家が書いたテキストを俳優たちがその場で演じていくというものでね。役者による実際の演技を見ながら、脚本家はテキストを書き進めていく。つまりテキストを書きながら、そのテキストがどのようにリアライズされるのかを、その場で観て、それを基盤にして次の展開を決めていくことができるんだ。俳優たちは即興でそのテキストに対応、テキストも演技からインスパイアされ、相互に確認し合いながら作品が形成されていくというわけ。複数のチャプターから成立しているんだけれど、僕はそのなかで『renitente (非従属)』という部分を担当したよ。

 

テアトロ・ヴァッレ、実験作品のひとつ『RABBIA』の一場面から

 

⚫️観客として、 ヴァッレの試みをとても面白いと思っていたんですけれど。

知っての通り、今僕たちは、なかなか難しいチャプターに差し掛かっているから。実際僕たちの作品を上演する機会を見つけるのも難しい状況でね。劇場の強制退去のあと、約束されていたローマ市との交渉はブロックされたままだし。ローマ市、ローマ劇場協会、そして僕たちのテアトロ・ヴァッレ財団がなんらかの形で協力することになっていたんだけれど、ローマ市とローマ劇場協会が僕らに示した提案は、すっかり失望してしまうような内容だった。彼らは他のすべてのアソシエーションと同等な立場でコンペに参加してはどうか、と打診してきたんだが、僕らが築いてきた実績を無視して『ゼロ』からはじめてはどうか、などという提案は考えられないだろう? 彼らは僕らがヴァッレで培ってきた実績というものを、まったく認識していない。というか、したくないんだと思う。三年間、『公共財産を有志の自主管理によって、質の高い形で、市民に解放するという文化モデル』を、三者が協力して、さらに発展させることもできたはずなのにね。公共財産に関する議論は、僕らの『占拠』をきっかけに、さかんに行われてはいるが、まだ混乱した状態だと思うよ。

市民がボランティアのレベルで文化スペースを構築、運営したいと考えても、結局のところその実権は行政に握られているから、テリトリーの文化も、本来は市民のものであるはずの公共財産も、議論を経て市民が自由にマネージすることはできないのが現状だ。テアトロ・ヴァッレ財団の理想というのは、文化ーそれが演劇であっても、ほかの表現であっても、また、さらに言えばソーシャルな問題の解決の分野においても、市民が決定権を持つべきだ、というものなんだ。そしてそれこそが本来の民主主義ではないのかな。

僕はそもそも政治というものに、常に大きな興味を抱いて注意を払ってきたけれど、ヴァッレの経験から、というか常にヴァッレの近くで動いていた経験から、政治的な主張は『アクション』を通じて行なわなければならない、ということを思い知ったよ。議論したり、他人の議論をただ聞いたりするだけではだめ。自らなんらかの『アクション』を起こさなければ何も変わらない。

いいかい? 君も僕らの占拠が終わったあとのテアトロ・ヴァッレがどうなっているか知っているだろう? ヴァッレのような大きな劇場を運営していくことは、大変な労力、経済力を必要とするのは理解するが、実際にヴァッレは修復されることもなく、閉鎖されたままじゃないか。僕らにはいったい何が起こっているのか、さっぱりわからない状況だ。ロビーでイベントが開催されたこともあるが、そのときも中に入るために予約しなくちゃならないような厳重な警戒で、僕らが占拠して、誰もが自由に出入りできていたときからはまったく考えられない閉鎖的な雰囲気なんだよ。こんな風にすべてがブロックされてしまったわけだけれど、今こそ新たなアクションが必要だと思うんだ。なんとかしないといけない。僕はそう考えている。

2014年の8月に『占拠』を退去させられたあと、メンバーからもさまざまな意見、反省もあって困難な時期を過ごしてきたけれど、それでも僕らは『占拠』が終わった今も、さまざまなプロジェクトを抱えながらここまで来たんだ。何よりテアトロ・ヴァッレ財団は健在で、今も次のアクションについてさまざまな議論が続けられている。Facebook、Twitterのフォロワーはいまだに増え続けていて、僕らの賛同者が多くいることは何より心強いことだね。このヴァーチャル・フォロワーと同じように、実際のアクションにも多くの賛同者を得ることができるといいと思っているところだよ。実際、『劇場』という物理的なスペースがないということは、僕らにはかなり堪えるけれどね。

僕らはこれほど実績を積んで、市民の賛同を得たにも関わらず、『違法』という理由で、劇場を追われたわけだけど、ローマ・カピターレからこっち、ローマ市が汚職にまみれていたことが暴露され、責任者や市の職員が続々と逮捕されているじゃないか。それも僕らを『違法だ』『違法だ』と糾弾していた輩が続々と逮捕されているんだよ。いずれにしてもローマ・カピターレのエピソードで、ローマ市の行政が病に侵されていたことは、市民に明らかにもなったよね。

公共財産、美術、建築、その他すべての文化のあり方に関して、ローマ市と、僕らの考え方は大きく違う。ローマの文化の豊かさは皆で分かち合うべきものだろう? 文化はビジネスの道具でもないし、マス・トゥーリズムのためのプロモーションツールでもない。歴史も文化も『売る』ための素材でしかない、という価値観を、僕らは受け入れられない。ローマは僕らすべての街なんだ。

 

⚫️Teatro valle occupatoに参加しようと思ったきっかけは?

はじめは単純な好奇心かな。『占拠』の初日からヴァッレに参加したんだけれど、劇場で寝起きをする、文字通りの『占拠者』ではなく、通いながら僕はヴァッレに関わっていた。占拠者グループーそれはローマの演劇、文化の分野で働く者たちで形成されたグループだがーその何人かのメンバーは、以前からよく知っていたから、『占拠』の情報も瞬く間に届いたからね。その他のほとんどのメンバーとは、『占拠』を通じて知り合いになり、その出会いによってひとつのコミュニティが形成されていったんだ。それぞれがそれぞれの環境で違う経験を積んだ人々だったから、出会いはとても刺激的だったし、誰をも受け入れる開かれたコミュニティのあり方が魅力的でもあった。なにより皆が同じ目的を持っていたからね。また、自由な『占拠』だったから、僕たちはそれぞれ、ヴァッレ以外の舞台にも関わっていた。だから皆、出たり入ったり、ヴァッレだけに拘束されることはなかった。

はじめのうち、僕らの目的は、市民に開かれた劇場として常になんらかの演目、イベントを企画していこうというものだったが、その目的も月日が経つうちに少しづつ変わっていくことになる。『どんなプログラムを組むか』というプラクティカルな目標から、だんだん野心的になって、財団を創立して、文化的政治の分野に一種のリボルーションを起こそうという機運が生まれたんだ。そしてそれは結局成功して、多くの支持者を得たわけだけど。僕らの理想は、常にアーティスティックな成長という面と、政治的な面、この両面を分離させるのではなく、同等に、同時に携えていこうというものだからね。

 

⚫️すべての市民に平等に文化を開くという考え方はローマの70年代の文化の理想に似ているのでは?

「もちろんそうなんだけれど、今の行政は、市民の手に何らかの決定権を与えることを、非常に怖がっていて、それが70年代とは大きく違うところだよね。ローマに起こるあらゆるすべてのことを、行政の手で管理したいと思っているんじゃないかな。自然発生的で自由な文化を認めることは、『権力』としては沽券に関わる、と考えているんだと思う。ローマ市が管理する文化スペースは美術館にしても映画館にしても、管理が厳しくて閉鎖的、市民が自由に出入りしたり、企画を持ち込んだりできるような空気じゃないだろう? だからどんなに大きな実績と市民の支持を得て、自然発生的に文化の流れを作り出そうとした僕たちの手に、劇場を渡すことはなかったんだと思うよ。でもテアトロ・ヴァッレ財団はいまだにアクティブで、次なるアクションに向かって議論を続けているし、ローマ市ではなく、海外とのコラボレーションも考えられると思う。まあ、いずれにしても、僕らにとって何が最善の道なのか、まだまだ議論は続いていくはずだよ。

 

⚫️既存の政治にはどのような意見?

「そもそも常に左派を支持してきたけれど、結局のところ、どの政党も権力の座につけば、その権力を誇示せずにはいられなくなるからね。『選挙』に投票はするけれど、ある意味、自分たちが中心になって政治そのものに介入していく、いや、僕らが僕らの自主的な政治を作っていく。ヴァッレのモデルという、右でもなく、左でもない自己完結型の政治のあり方を、これから考えていかなくちゃいけないんじゃないかと僕たちは思っているんだ。」

 

ミリウッチの最新作、「diario elettorale-選挙日記」。メリウッチは脚本家としても、テアトロ・ヴァッレ以外の舞台で作品を上演している。


RSSの登録はこちらから