イタリア中道左派政党連合、「オリーブの木」L’Ulivoとは

Deep Roma Eccetera Società Storia

『毎日カオスな政治祭り』にすっかり慣れ親しんだイタリアから見ても、「ええっ」と驚く、ここしばらくの日本の政治混乱に、遠くにいながら気が気でない、なんだか落ち着かない毎日が続いていることを白状せねばなりますまい。そんななか、かつて大きな勢いを持ったイタリアの中道左派政党連合L’Ulivo「オリーブの木」の名がネットに時々現れ、もちろん提案している特定の政治家を支持しているわけではなくとも、「そうそう、そういえばあった、あった」と記憶を新たにしました。そういうわけで、いまさらではありますが、元祖「オリーブの木」、イタリアの「オリーブの木」- L’Ulivo(ルリーボ)とはどんな政党連合だったのか、その概略を軽く追ってみようと思います。

現在の日本で、社会民主主義、共産主義、立憲主義、自由主義の政治潮流にある政党、個人を大きなくくりで表現する「リベラル」という呼称は、イタリアではほとんど使われることはありません。たとえその政党が、米国や日本で言うところの「リベラル」思想に近い基本理念をもち、その理念に沿った政策、経済政策を推進しようとしていたとしても、Sinistra「左派」、Centro Sinistra「中道左派」と、伝統的に「左」勢力、と表現される。またDestra「右派」、Centro Destra「中道右派」も、伝統的に「右」勢力と表現されます。

というのも、戦後のイタリアにはPartito Liberale Italiano (パルティート・リベラーレ・イタリアーノ/イタリア自由党)という極右から右翼へ変遷した政党が存在し、その印象が極めて強いため、リベラル(リベラーレ)=中道左派という図式が、人々にはどうもピンとこない(しかし考えてみれば、日本の自民党も、Liberal Democratic Partyではありますけど・・・)。さらにはイタリアの政治をアングロ・アメリカンな外来語で表現することを潔しとしない、という頑固な思い込みもあるようです。

事実、わたしのような日本人にとっては、いまさら「右」だ「左」だ、という表現は、確かに少し古臭く感じることもあります。ただ、イタリアの政治は、「右派」「左派」の二大勢力に大きく分類されるため、それぞれの思想、政策が、時代とともに発展、変化を遂げながらも、常に対極をなして攻防する有り様は、分かりやすいといえば分かりやすい構図ではある。各党の詳細は複雑怪奇でも、その政党がどんな基本理念で動いているのか、とりあえず概要は掴めます。

しかしながらここ数年で、そんなイタリアの政治地図も大きく変わり、次の選挙で政権を握りかねない大勢力となった『五つ星運動』は、「右」、「左」いずれの要素をも兼ね備えながら、イタリアの既存の政治勢力には属さない政党。この『五つ星』を『政党』と呼ぶことには多くの異論が有りますが、デジタルアンチグローバル・ポピュリズムで突き進んだ初期はともかく、頭角を現した議員たちはマスメディアにも連日露出して、他の政党とあまり違わない活動をしています。

したがって『五つ星運動』もイタリアの政党システムに、いつのまにか組み込まれたと言っていいかもしれません。また、このイタリア政治の第三の極は、「ユーロ離脱推進(初期は特に)」、「排外的な移民政策」、デジタル民主主義投票による専制的なシステムが基盤にあるため、隠れ「極右」、デジタル・ファッショと見なす人々がいないこともありません。しかし財源が明確には提示されないベーシック・インカムを謳うなど、リベラルな政策の公約をも打ち出してはいる。

ところで日本では、「左翼」というと、目くじらを立てられ、もはや朽ち果てんとする、時代がかった暴力的な思想犯(って犯人ではないんですが)というイメージで捉えられることがある。ネット上ではいつの頃からか「左傾化」することは罪深い背信とでもいうレトリック、あるいは蔑称で呼ばれるコメントも散見されますが、イタリアで、Sinistra(左翼、左派)、Riformista (革新、急進主義)といっても、特別なネガティブイメージは伴いません。

むしろ、若い人々も含め「わたしはシニストラ(左翼)である」と断言することは、自らの背後に存在する、ある種の文化感を醸す自己主張かもしれない。最近驚いたことは、もっと時間をかけて、深く議論したアナログな情報が僕たちには必要!と高校生の有志と大学生たちが創刊した「SCOMODO」という雑誌をめぐるムーブメントがローマじゅうに広がり、「すっごくクール」と15、6歳の少年少女が、SCOMODOメンバーが主催する『占拠』だの『デモ』だのに大挙して集まる、というブームが起こっていることです。プロフェッショナルで充実した記事を掲載するアナログ雑誌SCOMODOをめぐる、音楽とダンスとInstagramで政治主張、新しい形の左翼運動が大人の知らないところで、みるみるうちに広がっている。

このように15、6歳の少年少女までが政治主張に関わる、という動きの背景には冷戦後、解党、分裂したとはいえ、戦後、与党、キリスト教民主党を脅かすほどまで躍進したイタリア共産党の寛容な仕事ぶり、大衆文化の貢献への好感、さらには今でも影響力のあるチェントロ・ソチャーレ(非議会主義占拠文化スペース)の存在が、多くの人々に根づいているためと考えられます。ローマにおいては、共産党が輩出した市長の時代が、最も文化的に豊かであった時期であるとの定説がある。

戦後早々に『革命』を退け、「国民の政党」「民衆への政党」へと舵を切り人々の生活に寄り添う政策を打ち出したのがイタリア共産党。またベルリンガー(ベルリンゲル)書記長が提唱した「ユーロ・コミュニズム」という理念は、現代でも大きく評価されるコンセプトです。余談ですが、ダライ・ラマ法王がイタリア訪問の際、ベルリンガー(ベルリンゲル)時代のイタリア共産党には多く賛同する部分がある、とも発言したことがありました。共産主義の思想理念はキリスト教と相性がいいからこそイタリアで大きな支持を受けたわけですが、仏教ともリンクする部分が多くあるように思います。

そういえば『共産主義』についてイタリア人と話していた時のことです。「コミュニズムは、日本語でもやはり、中国と同じように『共産主義』と書くのか」と聞かれたので、「そうです。共に産む、という意味の漢字を当てます」と答えると、「やっぱりそうか」とその人は、ううむと考え込んでいました。「それでは、僕らが普段使っている『コミュニズム』と、漢字で書く『共産主義』とは、その言葉を聞いた瞬間からニュアンスが大きく変わると思うんだ」

「もちろんコミュニズムは、共に労働、生産に従事することが基本ではあるが、我々が慣れ親しんだコミュニズムという言葉には、社会の負債を皆で抱える。共に負債を分け合う、つまり社会福祉、という意味合いが強く反映されている。集団を構成する人々がそれぞれにそれぞれを助け合うからこそ、キリスト教とも相性がいいのだからね。コミュニズムと聞いて、まず思い浮かぶのは、『社会』における相互扶助だよ」と、その話を聞きながら、今まで出会った、無宗教の立場から市民福祉活動をしている「左派」を支持する人々のことを思い出し、なるほど、と強く納得した次第です。

同様に、Destra (デストラ)、「右翼」、という言葉に対しても、即『ファシスト』というような、際だってネガティブなイメージは生まれません。当然のことですが、人それぞれに思想の違いがあって、「右」「左」の間に激しい意見の対立、感情の葛藤は常に存在しますが、互いの政策への反論でぶつかるならともかく、互いが互いを蔑称で罵り合うというレベルの対立はあまり見たことがありません。ただし「極右」、「極左」となると、戦中戦後や70年代の『鉛の時代』の思い出と重なり、暴力的なイメージ、ちょっとした恐怖感が伴うかもしれない。イタリアではいまだに、というか近年になって殊更に、極右、極左グループのデモと当局が衝突することが多くなったようにも思います。

 

ちょうどオリーブの実がなる季節、公園のオリーブの巨木の陰でのんびりくつろぐ恋人たち。

 

何はさておきL’Ulivo「オリーブの木」

「オリーブの木」は、もはや20年以上前の政党連合です。イタリアにおける中道左派の、いまや「神話」となったこの「オリーブの木」は、1995年経済学者である政治家のロマーノ・プロディのもと、基本理念は共通していても、それぞれに多様な思想を持つ急進的な左派、中道左派、さらには中道の政党、マイクロ政党を、ひとつの流れに収斂した政党連合。現在は政治の世界から退いたロマーノ・プロディですが、中道左派のご意見番としてメディアに多く露出、いまでも影響力を持つ人物でもある。やがて時を経て2006年、その、「オリーブの木」が分裂、統一を繰り返し、L’Unione「ルニオーネ」政党連合へと発展、2008年に結党されたPartito Democratico 、現在のイタリアの連立政権を担う『民主党』の基盤ともなっています。

1994~1995年頃のイタリアはといえば、戦後の政治に、『混乱』を含めて大きな足跡を残した主要政党のキリスト教民主党(DC)イタリア共産党(PCI)イタリア社会党(PSI)が解体、分裂し、いくつもの政党が乱立した時期。そのうちの極右、右派、中道右派の政党はいちはやくベルルスコーニにより、「フォルツァ・イタリア」として統合され、左派、中道左派による急進派連合を総選挙で破り、1994年、ベルルスコーニ初の内閣を発足させています。しかしながらその内閣は、連帯していた北部同盟と分裂、さらにはベルルスコーニ側近のマフィアとの関係が糾弾され、短命に終わりました。

その間、急進派連合は、他の中道、中道左派とともに、ロマーノ・プロディが率いる「オリーブの木」運動と急速に連合を形成、ベルルスコーニ政権陥落ののち、ランベルト・ディーニ暫定政府を経た直後の総選挙で、プローディを首相に政権の奪還に成功することとなった。そもそも「オリーブの木」は、猛威を奮うベルルスコーニの対抗勢力として形成された中道左派政党連合であり、「打倒、ベルルスコーニ」を第一の目標に連帯を強めた、という経緯があります。

ところで「オリーブの木」連合の創立政党は、というと、左翼民主党(イタリア共産党のボローニャ支部が分裂)、「オリーブの木」運動(ロマーノ・プローディ委員会)、イタリア人民党(キリスト教民主党から分裂)、イタリア社会主義党(イタリア社会党から派生)、ヴェルディ(欧州の環境保護主義政党)と、13の党が並びます。さらにのちに連合に加わったのが、ベルルスコーニ政権の後任をになった暫定政権ランベルト・ディーニが起こした政治運動リスタ・ディーニ、民主主義党など5つの党、さらに途中で「社会民主党」が、「社会民主主義」へ党名、構成を変更、「社会主義党」が「イタリア社会主義」へ、「イタリア人民党」は、「民主と自由、ラ・マルゲリータ」へと変遷する。そのほか、地方の政治運動も加わり、この中道右派政党連合の動きは、まるで生きた「オリーブの木」のように、目まぐるしく枝分かれしながら成長していきます。

また、イタリア共産党から分裂した、最もイタリア共産主義色の濃い共産主義再建党は、当初は付かず離れず、「オリーブの木」には加わりませんでしたが、政府内で連帯(プローディ内閣でいったん連帯は破綻します)。2006年には、オリーブの木から発展したL’Unione(ルニオーネ)に連合し、党首ファウスト・ベルティノッティは第二次プローディ内閣で下院議長を勤めています。

このように、「オリーブの木」という政党連合がなければ、イタリアの左派、中道左派は、何が何だかさっぱり分からない党の乱立でもありましたから、「オリーブの木」、さらに「ルニオーネ」の政治状況も含め、実際にテレビや他のメディアなどで身近に見た経験では、毎日喧々諤々、激論、喧嘩、仲間割れ、仲直り、と力関係が全く読めませんでした。イタリアの左派は今も昔も多様な意見と終わらない議論で、蜂の巣を突いたような騒ぎへとたびたび発展し、選挙のたびにハラハラさせられます。

もはやショー・アップされなければ政治ではない、と言われる時代ですが、プロタゴニズム「わたしが主人公主義」という特質が主流を占めるイタリアの政治家の場合は、「右」「左」に関わらず、演じることなくナチュラルに振舞っても、自ずとショー・アップされる、というのが伝統なのかもしれません。

ところで、この「オリーブの木」政党連合のアイデアは、現在のイタリアでもたびたび復活が取りざたされ、つい最近もミラノ前市長が言及し、旧勢力とともに党から分裂、ラ・レプッブリカ紙がプロモーションを始めるという出来事もありました。しかしながらプローディは「オリーブの木はすでに過去のもの。現在の政治システムは変わってしまった。わたしはツイッターもできないんだ」と発言し、いまのところプローディ指揮下の新しい「オリーブの木」の復活の兆しは見られません。実際、このところ、かつてはいったんまとまっていた、民主党内での分裂が著しく、中道左派の次の選挙は、かなり複雑な立ち位置になりそうです。

わたし個人は、時と場合によっては「オリーブの木」のような、政治理念が同じ方向性でありながら (ここが重要)、多様な意見を許容するおおらかな間口の広い政党連合は、投票者もアイデアを膨らませやすく、好ましいと思います。「わたしは国家に命令者が存在し、それがソロのコマンドであるというのは嫌なんだ。他者と連帯することは、非常に有効で大切なことだ」というのがプローディの今も変わらない持論です。

ところで「日本でも『オリーブの木』構想について語られる機会がある」、とイタリア人に言うと「へえ。日本にもオリーブの木が育つのかい?」と純粋に不思議がられたという、ちょっと話のピントがずれた経緯がありました。「いや、名称ではなく、そのコンセプトを踏襲するということです。いくつかの政党で連合をつくることで、現権力勢力の対極勢力を作るという意味で」と答えると、「うーん。実践するなら、日本特有の植物の名前にした方がいいんじゃないのかな」という返事でしたが、「オリーブの木」という日本語が持つ、新鮮で爽やかな音感は耳触りが良く、豊かさをも想像させ、わたしはとても好きです。

そしてイタリアでは、この地中海のみずみずしい恵みをイメージさせる、直球の命名が大成功した。今までは理念、思想を表現する、堅苦しい名称が並ぶ左派の政党の連合にL’Ulivo(ルリーボ)、「オリーブの木」と、命名するセンスは、人々の日々の生活をぐっと政治に近づけて、画期的でもありました。乾燥した山間や海辺の大地に群生し力強く根を張り、たわわな実を結ぶ、地中海沿岸の豊穣を象徴するオリーブは、太古の昔から人々の日常生活に欠かせない、ある意味、聖なる植物。揺るぎない「安定」をもイメージさせ、インパクトも大きい。「オリーブの木」の連帯から、イタリアの中道左派政党をめぐる空気は、軽く、柔軟に変わったようにも思います。

 

 

国の財政を健全化する経済政策で大きく躍進した「オリーブの木」

その「オリーブの木」政党連合ーL ‘Ulivoは、ロマーノ・プローディ、左翼民主党のマッシモ・ダレーマを中心に、急進派である社会民主主義、キリスト教民主主義、リベラル民主主義に加え、ポストコミュニズム、環境保護主義、欧州主義と、大きくそのイデオロギーの間口を広げ、1996年から2001年(プローディ内閣、ダレーマ内閣、アマート内閣)、2006年から2008年(プローディ内閣)と、ベルルスコーニから政権を奪取しています。そしてまず、何より特筆すべきは、この政党連合がイデオロギーを前面に打ち出したのではなく、ロマーノ・プロディという敏腕経済学者が指揮をとる「経済政策」で支持を集めたことでしょう。

ロマーノ・プローディは、若くしてボローニャ大学、ハーバード大学で教鞭をとり、著書を出版すれば瞬く間にベストセラーになる人気経済学者として、あっという間に国政に踊りでた人物です。党内左派であったとはいえ『鉛の時代』の主役政党となったキリスト教民主党の出身者で、アンドレオッティ内閣(1978ー1979)では、商工大臣を務めた経験もある。また、長期にわたって、IRI(Istituto per la Ricostruzione Industrialeー産業再建機構)のトップを務め、当時国有銀行であった商業銀行、クレジットイタリアの民営化に携わってもいる。政治家として、また、経済学者として確かな手腕を発揮してきた過去を持っています。人柄も温和で、国際的に人望も厚い人物。

そのプローディにはしかし『鉛の時代、こんなエピソードも残っています。

プローディがアンドレオッティ内閣で、商工大臣を務めていたちょうどその時期に起こったのが、イタリアの歴史を大きく変えた『赤い旅団』による元首相アルド・モーロ誘拐事件でした。あまりに衝撃的な事件に国中が震撼する中、まったく足取りが掴めない元首相の行方を追うため、プローディ商工相は同僚とともに唐突に『降霊術』を開き、その捜査のヒントを模索する、という実務に長けた経済学者プローディらしからぬ行動をとっている。そのあまりに突飛な神秘主義的側面が(降霊術などはじめての経験だったと本人が主張しても)、いまだに「彼は心霊主義者だから」と揶揄されることもあります。

ちなみにその降霊術で示唆されたViterbo(ヴィテルボ)、 Bolsena(ボルセーナ)、 Gradoli(グラードリ)というキーワードから、ヴォテルボのグラードリ地区、ボルセーナ湖とあたりがつけられ、実際に警察隊により隈なく捜索されている。しかし当時は何ひとつ、モーロ元首相の痕跡を見つけ出すことはできず、空振りに終わったかのようでした。その捜査の最中、藁をも掴む思いで、首相の行方を探し続けていたモーロ夫人が、電話帳で『グラードリ通り』という通りを見つけ、「ローマにも『グラードリ通り』という名の通りがある。その通りを捜索してほしい」と主張し続けても、その訴えは、少なくとも表向きの捜査に活かされることはなく、立ち消えとなってしまいました。

しかしながら、非常に不思議、まさに神秘とも言えることが起こります。のちの捜査で、ローマのその『グラードリ通り』には、アルド・モーロ元首相の誘拐を起こした、当時の『赤い旅団』メンバー幹部マリオ・モレッティのアジトがあり、そのアジトから誘拐事件の全てがオペレーションされていたことが明らかになった。したがって、プローディが開いた降霊術から示唆されたキーワードは、あながち完全に間違っていたわけではなかったのです。それが本当に霊力で導き出されたのか、それともどこかから情報が漏れ、意図されて、その地名が明かされたのかは、未だに定かではありません。

そのような経緯で、アルド・モーロ元首相誘拐殺害事件をめぐる降霊術の謎において、プローディはソ連KGBとの関わりも囁かれ、イタリア版ウィキペディアでも言及されています。確かにプローディのように冷戦時代を生きたイタリアの大物政治家たちには、嘘か真実か、何かと国際諜報との深い関わり説が付きまとい、複雑なこと極まりない。しかし「ええ!まさかプローディまで?」と、さすがに食傷して、それ以上深入りしなかった次第です。いずれにしてもプローディは、イタリア共産党との連帯を模索し続けた米国の敵、アルド・モーロ元首相の派閥に属していた人物ではあります。

閑話休題。

そういうわけで「オリーブの木」政党連合は、ロマーノ・プローディ主導で、イタリア共産党生え抜きの左翼民主党党首であったマッシモ・ダレーマらとともに、ベルルスコーニの中道右派連合とのBipolarismo (対極主義、二大政治勢力主義)を掲げ、中道左派政党大連合として一世を風靡。政権在任中に官僚主義システムの簡略化、あらゆる権利の保護と拡張、一般経済の健全化、経済の自由化を柱に政策を実行に移していった。

前述したように、政策において特に重要視されたのは、イタリア経済の健全化であり、従来の左派とは異なるアプローチで、当時のイタリアを「経済の自由化」へと導いています。まず、イタリアは経営の危機に陥っていた国営企業の多くを、完全民営化へと変革した(日本では、これを与党の保守リベラルが行いましたが)。

この政策については、確かに現在でも賛否両論があります。しかし当時のイタリアは、公共事業に気前よく国家予算をばらまいてきた過去のどんぶり勘定で、赤字国債は危険水域、欧州連合からも再三勧告を受け続けていましたから、その状況下では最善の健全化への道程だったのかもしれません。実際、「オリーブの木」による経済の健全化政策で、その進行を食い止めることに、当時は成功しています(しかしながらユーロ危機を経た現在のイタリア赤字国債は、再び悪化の一途を辿っています)。また、雇用も安定させ、移民、外国人にも緩やかな政策がとられました。「オリーブの木」が政権を握っている間は、多くの問題はあっても、まだまだ緩やかな空気がイタリアを覆っていたことは確かです。

さらに、イタリアの発展のためには、欧州連合の一翼を担う国であることが最重要と考える「欧州主義」を謳う「オリーブの木」連合の政権下で、欧州単一通貨「ユーロ」導入が準備されたことは、シンボリックな出来事だったと言えるでしょう。しかし残念ながら、イタリアリラからユーロ変換が実施された際は、政権を奪い返した中道右派、ネオリベラリストのベルルスコーニ内閣が居座り、大企業、資産家優遇、縁故優遇、アグレッシブな投機誘導で、イタリアの物価、不動産価格はあっという間に2倍以上に跳ね上がった。プローディはのちに、イタリアにユーロが導入された際、ドイツマルク1マルクに対してイタリアリラ990リラ(1968年ごろには1マルク156リラ)と、リラが過小評価されすぎたことも、イタリア経済危機の原因だと述べています。

「わたしは『オリーブの木』を創立して20年、欧州連合におけるミッションで(プロディは2001年から、欧州委員会の委員長を5年間歴任)、他の10カ国を欧州に統合し、ユーロを欧州内に導入したが、その後、ユーロは深刻な危機に陥ってしまった。ユーロは、政治的、あるいは金融的なイノヴェーションに支えられ、保護されるべきだったのに、それが実行されなかったため、わたしの『ユーロ』のミッションは不完全に終わったと思っている」

「ドイツは欧州のリーダーであるべきなのに、その責任を追うことに大きなためらいを抱いている。ドイツには欧州における集合的な相互扶助の精神が欠けている。過去の経験のせいで、ドイツがひどいインフレに陥ることへの恐れを常に抱いているようだ。そのために、過剰に厳格に、収支を合わせることだけに取り憑かれているのだ」(ロマーノ・プローディ、インタビューより)

このように、イタリアの「オリーブの木」は、そもそもイタリアに伝統的に根づいていた社会民主主義、共産主義を基盤にしながらも、イデオロギーで訴えるのではなく、「リベラル」な経済政策を通して、イタリアにおける新しい中道左派のスタイルを形成、現在のPDー民主党へと発展していったというわけです。現在の民主党は伝統的な左派とはもはや言えず ( それが現在の党内分裂の理由のひとつでもあります)、イデオロギー的には、むしろ米国的なリベラル勢力に近い政党ですが、それでもやはり頑なに、「中道左派」とイタリアでは表現されます。

そもそも歴史的に見ても、イタリア共産党もイタリア社会党も、時代とともに穏健な中道左派へと変化を遂げ、もはやソ連や中国のそれとは、全く異質な独自の政党を構築していったわけですから、冷戦の崩壊後、他の社会民主主義的な中道左派とも連携して、「オリーブの木」のような政党連合へと発展するのは、自然な流れだったのかもしれない。

わたしはもちろん、前時代的な「革命」による「プロレタリアートによる専制」などは真っ平御免ですし、いまどき本気でそんなことを考えているコミュニストも、ソーシャリストもいないに違いない。日本でも政党の昔ながらの名前に惑わされたり、根拠のない反感を抱かれることなく、ある時代のイタリアの経済を健全化に向けて動いた「オリーブの木」のように、現在の日本の状況にマッチする経済政策で、力強く、多様な理念を抱合する中道左派の政党連合が生まれると、生きた議論と実りの多い政治になるのではないか、と、なんとなく思います。多少のイデオロギーの葛藤もものともせず、まずは何と言っても近隣諸国と自国の平和へのたゆみない努力、市民の暮らしに根ざした経済政策を掲げ、健全で豊かな議論を発展させる、真の意味での二大政治勢力(必ずしも二大政党である必要はなく)の構図が、ある時点でドカーンと生まれれば、と願っているところです。

「税金は社会主義国家並みだというのに、法人のみ優遇し、みるみる格差が広がってるにも関わらず、福祉が行き届かず、防衛費が急上昇。外国人には極めて排他的」というような方向性の政治には、「リベラル」でも「左翼」でも、名称なんてあまり重要ではなく、寛容で許容力があり、市民の味方となってくれる政党はもちろん、無所属の人々も分裂なんかしないで、全てが一丸となった強い対抗勢力が必要なのではないか。えっと驚く大番狂わせを、期待しています。

※なお、「」内はわたしの評価ではなく、知り合いの日本通イタリア人が何気なく日本を評するのを拾った言葉です。といっても、イタリアの経済も政治も「人のことはとやかく言えない」ひどい状況には違いありません。

 

 

 

 

RSSの登録はこちらから