Tags:

『鉛の時代』国家の心臓部へとターゲットを変えた『赤い旅団』と謀略のメカニズム

Anni di piombo Deep Roma Società Storia

現在、イタリアが置かれた政治状況から、共産党の大躍進と共に生まれた70年代『鉛の時代』の騒乱を俯瞰すると、感慨深い気持ちになります。もちろん思想、インターネットを含む情報環境や時代背景などはまったく異なりますが、昔『共産党』、今『5つ星運動』と市民が一丸となり、既存の政治にNOを突きつけるという有り様は、大戦中のアンチファシスト・パルチザンを経て60~70年代に育まれ、現在に至るまでイタリア市民に根づく『反骨精神』とも言える。ああ言えば必ずこう言う、権力への服従にはほど遠い、この『予定不調和』こそが特筆すべきイタリアの精神性のひとつです。

※この項は『赤い旅団』の誕生フェルトリネッリと『赤い旅団』の続きです (タイトルの写真はDiacronimotiveから引用。「子供たち、反乱を起こそうじゃないか」Milano, anno incerto tra il 1966 e il 1976 © Tano D’Amico)。

そういえば、当時はまだまだ脇役ながら、それでもいつの間にか『鉛の時代』を跳梁しはじめていたベルルスコーニ元首相は、『5つ星運動』の大躍進を「彼らはまるでプロレタリアートみたい」と、かつてのイタリア共産党の有り様を彷彿としている様子でした。

現在の『同盟』と『5つ星運動』の連帯によるイタリア契約政府の、盛りだくさんの市民優遇政策が成立するかしないかはともかく、普通に日常を暮らしていると、巷に流れる空気が少し緊張して、対立の兆しが膨らんでいることは肌感覚で実感できます。『5つ星運動』のディ・マイオ副首相は、大勝した選挙後ただちに「イタリア第3共和国のはじまり」と宣言しましたが、それは未来の歴史家たちが判断することでもあり、わたし個人としては『同盟』色があまりに濃い、ありきたりで古色蒼然とした『極右』政府になってしまうのでは、と危惧するのが正直なところです。

いずれにしてもここに来て、『同盟』が『北部同盟』だった時代の4800万ユーロ(!)の使途不明金の存在が暴かれ、検察の調査が入るというスキャンダルが起こりました。また最近になって、遭難しかけていた難民の人々を助けたアイルランド軍の船が、大きな騒ぎもなくメッシーナに着港したことで「それが他国の軍用船であってもイタリアは全ての港を閉ざす。欧州連合に掛け合う」と声高に連呼するマテオ・サルヴィーニに、「それは防衛省、外務省の仕事で、内務省の仕事じゃない」とエリザベッタ・トレンタ防衛大臣が真っ向から異を唱えています。

さらに警備の途中、難民の人々を助けたイタリアの沿岸警備隊のシチリアへの着岸を、サルヴィーニが阻止しようとしたところに、マッタレッラ大統領が介入して実現した、という出来事もあった。そういうわけで、多少勢いを削がれる形となったサルヴィーニを巡るイタリアの政局の今後は、いずれ別項で追って行くことになるかもしれません。

さてこの項は、現在から振り返ってイタリアがいまだ「第1共和国」と呼ばれ、キリスト教民主党が戦後の政権を独占しながらも、イタリア共産党が与党に肉薄する勢いで支持を伸ばした70年代に再び遡ります。

大戦直後から米英仏、イスラエルなどの国と密な連携を結ぶイタリア軍部諜報機関( SIFAR、SID)により、時間をかけて周到に、複雑に張り巡らされた、共産主義侵略に対抗する「オーソドックスでなく」「伝統的でない」戦争のための謀略グラディオ(諸刃の剣)ーステイ・ビハインド』の一環として、イタリアが「 Strategia della tensione – 緊張作戦」下におかれ、混乱し、激動した流血の時代です。街角では極右、極左グループが仕掛けた爆弾が炸裂し、権利を主張する工場労働者、学生、アーティストたちが毎日のように当局と激しく衝突。一種の市民戦争とも言える紛争が繰り広げられた。

現代から振り返れば、トニ・ネグリなど国際レベルで影響を与える多くの知識人、また、現代のイタリアメディアを担う優秀なジャーナリストたちを生んだ極左運動ですが、その一角でありながら「国の未来を変えた」と言われるほどの影響力を持つに至り、イタリア中を恐怖と悲しみに突き落とした欧州最大の極左武装集団『赤い旅団』の変遷、そして背景に見え隠れする多くの謎を再び追いながら、時代を追体験していこうと思います。

イタリアの現代の政治、文化の有り様、精神性、そして風俗は、この時代を知らなければ掴めないようにも思っています。

 

68年『熱い秋』。「学生と工場労働者は一つになって闘う」ilmamilio.itより引用。

68年のムーブメントとアルド・モーロ

前項の続きに行く前に、ほんの少しだけもう一度、68年あたりまで遡ります。イタリアにおける極左グループ台頭の顕著な動きは、世界を席巻した大がかりなムーブメントが飛び火した『フランスの5月』より少し前にはじまり、その運動の中核を担った若者たちが、70年を代表する主人公となっていったという経緯は前述の通りです。

また、イタリアの極左ムーブメントにおいて特筆すべきは、マルクス・レーニン主義の知識人、学生たちだけではなく、労働組合、大勢の工場労働者、農民たちが『革命』の主人公として躍り出たことでしょう。つまり階級闘争におけるプロレタリアートの台頭という、伝統的共産主義のあり方を当時のイタリアの極左運動は踏襲しています。

それから40年を経た今年は、イタリア現代社会の民主主義の基盤ともなるそのムーブメントの深層に迫り、分析、考察する書籍が驚くほどたくさん出版され、主要新聞各社も特集を組みました。時代の核を担った革命家、ジャンジャコモ・フェルトリネッリが基礎を築いたイタリア大型書店チェーン『フェルトリネッリ』をはじめ、たいていの一般書店では『68年』コーナーが設けられ、新刊がズラリと並んでいます。68年は、イタリアにとって、それほど大切な変換期となった1年であったということです。

ところで68年は、イタリア共産党が総選挙で躍進を遂げ、戦後単独与党であったキリスト教民主党に、大きな危機感をもたらした年でもあります。もちろんイタリア共産党は1943年から存在する伝統ある政党ですが、60年代からは選挙のたびに市民の支持を集めてエネルギッシュな躍進を遂げる新しい勢力となった。

その新勢力と融和を計ろうと、67年あたりから動きはじめたのが、キリスト教民主党の『頭脳』と言われたアルド・モーロです。モーロは2度の首相を含む、閣僚経験が豊富な人望の厚い人物でしたが、その10年後の78年、『赤い旅団』の犯行により『元首相アルド・モーロ誘拐、殺人事件』の犠牲者になってしまいます。

いずれにしても67、68年の、この「イタリア共産党との対話」というモーロの方向転換の背景には、ローマ・カトリック教会の方針の変化がある、と考えられています。60年代のローマ教皇であったジョバンニ23世、また78年まで続くパオロ6世のもと「より大衆的で開かれた、時代が要求するカトリック世界」というヴィジョンをカトリック教会は打ち出し、教会のその変化にキリスト教民主党が従っていくことになった。モーロは「時代とともに世の中に生まれた課題に、緊急に対処するために政府は動かなければならない」と強く党内に働きかけました。

まず、モーロが的を絞ったのは、「新しい形の資本主義」「現代的ダイナミズムの構築」「新しい形の社会」を創生することでした。イタリア共産党との対話こそが、イタリア社会において最重要だとモーロは考えていましたが、この『中道左派』的なモーロの態度は、キリスト教民主党の中で大きな亀裂を生んでいます。

余談ですが、モーロのこのイタリア共産党への接近は「Strategia dell’attenzione (配慮作戦)』と呼ばれます。この言葉の並びと音感から、すぐに連想するのは、グラディオにおけるイタリア撹乱作戦、「Strategia della tensione (緊張作戦)」。グラディオの存在を当然知っていたであろうアルド・モーロの作為的な命名、一種の牽制だったのかもしれません。

モーロの柔軟なアプローチが、『武装革命の魂』を内に秘めながら躍進し続けるイタリア共産党の強行姿勢を、やがて軟化させることになったわけですが、前項にも書いたように、イタリア共産党の武装の放棄、与党との融和姿勢への方向変換が、パルチザンを含む、すべての伝統的マルクス・レーニン主義者たち激怒させることになった。彼らはいつか共産党が労働階級を率いて武装革命を繰り広げ、プロレタリアートによる専制を実現するのだ、と夢見ていました。

ともあれ、それから40年後のいま、思想もプラットフォームも主張もまったく違っても (イタリア共産党は途中、思想の方向転換をしたとしても、マルクス・レーニン主義は本来、民主主義を容認しないわけですし)、主な労働組合層が支持する『5つ星運動』という、直接民主主義による平和革命を謳うオンライン市民運動が、悲願であった政権の一端を担う、という現象が起こったことは興味深いことです。

 

68年「ヴェトナムは、工場の中にある」Diacronimotiveから引用。Sesto San Giovanni, 1968 © Uliano Lucas

 

フェルトリネッリを失ったのちの『赤い旅団』

イタリアにとっては忌わしい、血塗られた時代の思い出が刻み込まれた、『赤い旅団』という極左武装集団の動きを追って行くことで、世界には、普通の日常を送るわれわれが「預かり知ることができない、そして直接的には一生関わることもないであろう」秘密の謀略の存在があることが、何となくぼんやりと浮き上がってきます。と同時に、そのオペレーションの複雑なメカニズムにも光が当たる。

それはもちろん、イタリアの多くの司法官、ジャーナリスト、政治家や学者たちが長い時間をかけて書類を調べあげ、多数の容疑者の公判記録を綿密に照らし合わせながら、執拗に追ってきたからに他なりません。そして少しづつ、内容が明らかになるにつれ、このような謀略は、イタリアの『鉛の時代』だけに限定される特殊なオペレーションだとは一概に言えないのではないだろうか、という感想を持ちます。

もちろんわたしは、あらゆるタイプのテロ集団が謀略で操られている、とはまったく考えていませんし、『赤い旅団』は冷戦下東西謀略合戦における格好の前線部隊として利用された特殊な例ではあるだろう、と思います。しかしながら時代が変わり、状況が変わり、情報のあり方が大きく変化したことで、工作のテクニックや潜入のタイプが変わっても、混乱のある国、地域には、権益が絡む勢力の工作が施される可能性がおおいにあるのではないか。出来すぎたストーリーは、まず疑うのが常識ではないだろうか、とイタリアの近代史を知るうちに考えるようになったことをも告白しておきたいと思います。

とはいえネットに蔓延する、科学的な調査なく、根拠も証拠もまったく提示されない、誰の利益になるのかわからないような陰謀論には、ちょっと辟易もしています。何らかの謀略を語るのであれば、やはり確固とした証拠が必要になる。いまだに謎に包まれる部分が多くあるにしても、『鉛の時代』に関するリサーチのように、何百人という司法官、ジャーナリスト、政治家が挑んだ『芸術的なパノラマ』とでも表現できるような緻密なリサーチ、証言、証拠の集積を、注意深くアナライズ、結論を導こうとする試みが必要なのではないでしょうか。

さて、それはさておき、本題を追っていくことにします。

前項でも書いたように、『赤い旅団』の場合には、結成される以前から、元イタリア社会党員であったコラード・シミオーニという謎に満ちた人物がメンバーたちを懐柔していた、という経緯があります。シミオーニは『赤い旅団』がいまだその名を持たない68~69年、『ジエ・ロッセ(赤いおばさんたちー女性による精鋭武装集団)』『ラ・ディッタ』『スーパークラン』と名づけられた秘密精鋭武装グループを、選り抜きのメンバーたちから構成していた。

後述しますが、この『スーパークラン』のメンバーの一部(ヴァンニ・ムリナリス、ドゥーチョ・ベリオ、フランソワ・トゥッシャーなど)が、76年にシミオーニとともにパリへ渡り、74〜75年以降の後期『赤い旅団』の真の黒幕と考えられるパリの語学学校『ヒペリオン』を創設している。また、イタリアに残り、後期『赤い旅団』の執行幹部として『モーロ事件』の主犯となった、マリオ・モレッティプロスペロー・ガリナーリもまた『スーパークラン』のメンバーでした。

この項は、70年初頭に「やつはきっとCIAに違いない」とコラード・シミオーニと決別し、自分たちだけで『赤い旅団』を創設した初期の執行部、レナート・クルチョ、マラ・カゴール、アルベルト・フランチェスキーニの同志、経済的支援者であるとともに精神的支柱であった大富豪の革命家、ジャンジャコモ・フェルトリネッリを突然失うことになった『赤い旅団』の、72年以降を追っていこうと思います。

ジョヴァンニ・ファサネッラによるアルベルト・フランチェスキーニのインタビュー『赤い旅団とはなんだったのか』(BUR)、ロッサーナ・ロッサンダ、カルラ・モスカによるインタビュー『赤い旅団ーマリオ・モレッティ ひとつのイタリアの物語』(Oscar Storia 改訂版)、シルヴァーノ・デ・プロスポ、ロザリオ・プリオリ共著の『誰が赤い旅団を操っていたのか』(Ponte Alle Grazie)、セルジォ・ザヴォリ『共和国の夜』(Oscar Mondadori)を軸に、過去の新聞記事、信頼できるネット上の情報、ドキュメンタリー、ウイキペディアなどを参考に時代を遡ります。

この項では途中、その年にイタリアで流行った国内外の曲の動画をリンクすることにしました。また、文末にはBBC1992年制作の『グラディオ』に関するドキュメンタリーをリンクしています。

 

 

歯車が狂いはじめた1972年

フェルトリネッリを失った72年は、『赤い旅団』にとって非常にデリケートな、彼らを巡る環境が一変した年です。フェルトリネッリの死とともに、革命家たちは方向性を見失い、海外の社会主義国、革命グループとのコンタクトをも失うことになりました。

一方このころから、『赤い旅団』は極左武装グループ『Potere Operaio – 労働者の力』のメンター、トニ・ネグリとも密に交流するようになり、理論構築を協力しあうようになっています。トニ・ネグリは『赤い旅団』の思想形成に影響を与えたと糾弾され、のち有罪判決を受けましたが、イタリアの『人権の父』、急進党のマルコ・パンネッラの援助に支えられ、ドラマティックな展開を経てフランスに亡命。その後イタリアに戻って受刑し、現在も活躍しています。

なお、前述したように72年には、シット・シーメンスのディレクター、イダルゴ・マッキアリーニの数時間の誘拐によるプロパガンダ成功ののち、マリオ・モレッティが初期執行幹部レナート・クルチョ、アルベルト・フランチェスキーニと同格のリーダーに昇格している。もちろんこの時は、クルチョもフランチェスキーニも、モレッティがシミオーニと密に通じている、とは考えてもいませんでした。

しかしフランチェスキーニが、自分たちの周囲を巡る何かがおかしい、と感じはじめたのも72年のことでした。「総選挙」を控えたその頃、『赤い旅団』ではフランチェスキーニが核となり、キリスト教民主党右派であるマッシモ・デ・カロリスを誘拐、選挙を混乱させようと計画し、人質を監禁する家彼らが「人民刑務所』と呼ぶもすでに借りて準備万端だった。ところが誘拐を計画した日の1週間前、デ・カロリスは忽然と行方がわからなくなってしまいました。そうこうするうちに、フォンターナ広場爆破事件』、『フェルトリネッリ事件』を捜査していたルイジ・カラブレージ警部が自宅付近で射殺される、という事件が起こり、極左グループに一斉の捜査が入ります。

そのときに逮捕されたマルコ・ピセッタは、そもそもフェルトリネッリの死後、GAPから『赤い旅団』へと流れてきた、マリオ・モレッティの大きな信頼を得る青年だったそうです。そのピセッタは、逮捕された瞬間からまったく抵抗することなく、あらゆるすべての経緯を白状、即刻警察の協力者として働きはじめた。『赤い旅団』のメンバーたちは、ピセッタはおそらくGAP時代から軍部諜報SIDの協力者として紛れ込んでいたスパイだったのでは?と考え、情報が事前に漏れ、デ・カロリスが誘拐計画を知って姿をくらましたのだろうと推測しました。さらにのち、デ・カロリスは秘密結社ロッジャP2のメンバーだったことが明らかになっています。

モレッティもまた、この捜査の際、異様な動きを見せている。一斉捜査が入ったデ・カロリスを監禁する予定の家の付近まで、モレッティは自身のパートナーが所有するフィアット500で乗りつけましたが、警察が群がっているのを見ると、何故か車を付近に駐車して、歩いてその場を立ち去っています。のち、そのパートナーの車から住所が割り出され、モレッティ家族 (ちいさい息子も含め)が住んでいたのは、『フォンターナ広場爆破事件』の捜査責任者であるミラノ警察署長、アントニオ・アレーグラが自宅を構える通りだということが判明しました。

この経緯から当然、車の所有者であるモレッティのパートナーは取り調べを受けましたが、モレッティ自身は20日間ほど行方が分からなくなったのちに、逮捕されることもなく再び『旅団』に舞い戻っている。もちろん、ミラノ警察署長と同じ通りに家族で住んでいた、ということだけで、モレッティという人物の背景を疑うのは行き過ぎた推測ではありますが、モレッティが住所に選ぶところ、あるいはモレッティの関係者が住む場所の近所には、必ずと言っていいほど、軍部諜報の有力者や、警察関係者が住んでいるのは不思議なことです。その事実についてはその都度、後述していくつもりです。

しかもこの一斉捜査の際、モレッティが他のメンバーたちから処分を依頼されていたはずのクルチョの写真(身分証明書偽造のための)や、マッキオリーニ誘拐の際の写真(ピストルを頬に突きつけた)など、絶対的な証拠がアジトから見つかり、モレッティは「馬鹿かスパイかのどちらかだ」とメンバーから一斉に非難されます。しかしモレッティは「間違った」「不注意だった」と繰り返すだけでした。

この件に関してモレッティは、パートナーの車が見つかったことで、ふたりの関係に大きな溝が生まれ、逮捕されるまでの何年もの間、息子にも会えず辛かった、とだけしか語っていません。いずれにしてもこの一件を機に、それまで家族と暮らしていたモレッティは、完全にClandestino( クランデスティーノ・身分を明らかにせず、非合法で活動)に突入します。 

さらにこの一斉捜査で逮捕されたマルコ・ピセッタは『赤い旅団』メンバーの詳細を知っていたので、この青年がすべて話せば、全員逮捕以外にありえない、とメンバーの間に危機感が満ち、色めきたちました。しかし結果としては執行部の重要メンバーが逮捕されることはなかった。もしこの時点でメンバー全員が逮捕されていたならば、『赤い旅団』は完全に消滅していたはずです。この件についてフランチェスキーニは、『赤い旅団』の共感者であった裁判官(デ・ヴィンチェンツォ)に「保護されていたように感じる」と述懐しています。なお、ミラノ警察署長アントニオ・アレーグラは「スーパークラン」の存在をすでに知っていた、ということが、のちに明らかになったそうです。

 

☆ペテアーノ・カラビニエリ爆破事件

72年5月31日、カラブレージ警部が殺害された2週間後(極左グループLotta continuaー『継続する闘争』の幹部アドリアーノ・ソフリらが主犯として逮捕され、無罪を主張しながら長期懲役となるが、真相は明らかにはなっていない。現在は出所)には、のちに『鉛の時代』の背景を検察が知る決め手となる『ペテアーノ・カラビニエリ爆破虐殺事件』が起こっています。これは極右グループが、北イタリア、サラガードの田舎道にカラビニエリを電話で呼び出し、カラビニエリ5人が急行したところで、駐車されていたフィアット500が爆発。3人が爆死、2人が重症を負うという凄惨な事件でした。

この事件は当初、『フォンターナ広場爆破事件』同様、国家権力(カラビニエリという軍部)を敵と見なす極左グループの犯行疑われましたが、捜査が進むうち、Ordine Nuovo (オーディネ・ヌオヴォーネオファシスト・テログループ)のメンバー、ヴィンツェンツォ・ヴィンチグエッラ、カルロ・チクッティーニによる犯行ということが明らかになりました。『ペテアーノ事件』は、『フォンターナ広場』からはじまる一連の極右グループによる虐殺事件で唯一、実行犯に『終身刑』という実刑判決が下った事件です。

というのも、実行犯として逮捕された「極右革命闘士」ヴィンチェンツォ・ヴィンチグエッラが、1984年のボローニャ検察による取り調べで、『フォンターナ広場爆破事件』から『ボローニャ駅爆破事件』まで、10年という歳月に渡る大規模爆破事件及び殺人事件の背景に、『極右テログループーOrdine Nuovo』が関わっていること、さらにCIA、NATOに、イタリア軍部諜報SIFAR、SIDというイタリア国家の中枢が関わる『緊張作戦』の一環であったことの詳細を暴露しているからです。

さらに、ペテアーノにおける爆破事件を含み、多くの無辜のイタリア市民を巻き込んだ爆破事件には、NATOがグラディオの作戦実行のために隠していた極秘武器倉庫NASCO の武器が使われたことが、のちの捜査から明らかになっています。ペテアーノの爆破事件には、72年に偶然発見されたアウリジーナ(オーストリアとの国境)のNASCOの武器が使われた、と見なされている。NASCOは発見されるまで、北イタリアの139箇所にありましたが、72年に偶然に発見されたのち、急いで撤去されたのだそうです。

「ペテアーノの事件は、突発的に一日で決定されたものではない。69年の『フォンターナ広場事件』が終了したのち、長い時間をかけて分析されたアクションだ。ネオファシスト世界の価値観と、僕自身の経験が抱合された分析。国家との前線における闘いとして結論づけられるであろう、という分析だ。ペテアーノはひとつのシグナルとなる事件だった」ヴィンチグエッラはそう語っています。つまりヴィンチグエッラ自身は、国家や諜報の手先としてではなく、純粋に『極右革命闘士』として国家に戦争を仕掛けた、と言っている。ヴィンチグエッラは現在もペテアーノの事件に対して、後悔を表明していません。

このように、72年は次から次に目まぐるしく重大事件が起こったうえ、極右、極左グループのいずれからも犠牲者が出る衝突が覆った年でした。まさに『緊張作戦』の目的通りに、極左の若者たち、工場労働者、極右グループの間に殺気が満ち、その殺気を縫って諜報が蠢き、さらに焦燥感、危機感を煽り立てるアクションを仕掛けていった、というところでしょうか。

☆ミュンヘン・オリンピック『黒い9月』

また、この年はイタリア国内だけでなく、海外でも重大なテロが起こった年でした。8月から9月にかけて開催されたミュンヘンオリンピックでは、パレスチナ武装グループ『黒い9月』が選手村に潜入、ユダヤ系米国人選手を含む2人を射殺。9人を人質にとって攻防が繰り広げられ、結果、テログループ、人質全員、さらに警察官が死亡するという惨事が起こりました。この時武装グループがイスラエル刑務所からの解放を要求した受刑者たちの中には、『赤い旅団』と対比され、交流があったと考えられるRAF『ドイツ赤軍』のメンバー、また『日本赤軍』岡本公三の名(ウィキペディア日本語版より)もあったそうです。

この72年頃から、メンバーの数が急激に増え続けた『赤い旅団』は、資金難を解決するために、手当たり次第強盗(パルチザン以来の伝統的資金稼ぎ)をはじめています。また、多くのメンバーがクランディスティーノー非合法活動へ突入、正体を偽装し、アジトとするアパートは借りると足がつくため、すべて購入したのだそうです。トリノのアジトはレナート・クルチョ、マラ・カゴール、ミラノをフランチェスキーニ、モレッティが仕切るようになりました。インタビューを読みながら少し意外に思ったのは、この時『赤い旅団』のメンバーは、給料制 (!)だった、ということでした。

 

 

続きは以下の番号2にお進みください。

RSSの登録はこちらから